TFレジェンズ 湿原兵スカル

最近風が異様に強い。
春一番って言えばいいんだけど・・・それにしても可笑しいな。



と言うわけで今回はTFより
「TFレジェンズ 湿原兵スカル」です。

TFレジェンズ スカル (41)




「こんな所に丁度いい枕が」



スカルを一言で表すなら「乱暴者」だ。暴れ出したら止まらなくなるため、時にはワイプが催眠術で強制的に眠らせてしまうこともある。強力な破壊力を持つ鋼鉄の歯は全ての金属を切り刻むと言われていて、スカルにはその歯の手入れ用にパートナードローンのバトラを常に従えている。
バトラはヘッドマスターを捕獲して恐竜モードに変形する特殊能力を持っている。

元ネタはG1シリーズの初代ヘッドマスターに登場したデストロン側の三体のクレイジートロンの一人。
国内では頭が良くないけど力持ちな典型的なパワーファイターで味方の催眠術にかかって寝てる姿が印象で後述の付属漫画でもネタにされるほどでした。ちなみに海外の方は歯軋りする性癖の持ち主。
彼もハードヘッドと同じくタイタンリターンズでディセプティコン側のDXクラス第1号として選ばれ、レジェンズでも同様に先陣を切りました。例によって国内独自仕様
なお付属漫画では、デストロン側はテラクラッ社に就職しサイバトロンから盗んだデータをもとにトランステクターを開発したと言う設定です。



本品は2016に販売されました。
海外版は先にTFタイタンズリターンでグラックス&スカルスマッシャー名義で販売されました。
リデコにクロッカがあります。



TFレジェンズ スカル (2)


ビーストモード

ワニです。

G1時代のメカアニマルなデザイン。
旧玩具版のイメージを残しつつ生物らしさのあるフォルムになりました。
元々スマートだったけど、さらに間延びした様な感じでありながら前足の肥大化もあってより力強く感じますね。

国内版ではカラーリングが変化しており
目や背中の一部のクリアーパーツが成型色のままであり、歯が白からシルバーになり、胴体の一部がグリーンカラピンクになっています。
またエンブレムも頭部とサイドにあったライン入りのエンブレムが無くなり、サイドのみとなりました。
基本的に目につきやすい様な変化はしておりませんが、ちょこちょこ変化した事でアニメ版をイメージしたカラーリングになりました。

なお背中のコクピットの蓋が中途半端にあいてますが、これ軟質素材でできてるせいできちんと閉まってくれません。
押し込むと変な癖がつくし諦めるしかないですね。




TFレジェンズ スカル (3)

リアビュー










TFレジェンズ スカル (8)



口をガバッと開く事が出来ます。
内部もベロがあります。軟質素材がつかわており、この拘り様が素晴らしい。
なお海外版では歯と同じく白でした。

余談ですが旧版ではこの中がコクピットになっていると言う設定でした。
その見た目ゆえ、余計にゾイドっぽかったし・・・





TFレジェンズ スカル (7)

さらにワニの首をボールジョイントで上下左右にある程度動かせます。
前後の足もある程度動かせ、尻尾も左右に振る事が出来ます。

正直ビーストモードでもここまで動いてくれるとは思わなかったので驚きましたわ。
これでデスロールが楽しめるぜ!(おい)











TFレジェンズ スカル (6)

大きさはこのくらい

対象を間違えた気がするけど・・・とりあえずDXクラスの割に結構大き目なんですよね。










TFレジェンズ スカル (11)

スカル

「目が覚めたー!」


スカルのヘッドマスター。

アニメ版ではグラックス(海外のザ・リバースも同様)という名でしたが、レジェンズではこの姿でもロボットモード時の名前となっていました。

デザインはG1版のマスター戦士グラックスがモデル。
海外版ではグリーンとブラックと顔に金の塗装が施されていました。
国内では顔以外は変化なし。









TFレジェンズ スカル (12)

後ろ

国内では新しい顔を背負っています。









TFレジェンズ スカル (13)



海外版ではツインアイだったのが、国内ではレッドで塗装されゴーグルアイになっています。

イケメンです。
細かく塗装されてさらにイケメンに・・・

可動は割合











TFレジェンズ スカル (1)

背中のキャノピーを開け、スカルを搭乗させる事が出来ます。

他のタイタンマスターや彼らに近いサイズなら同じように乗せることもできます。

ちなみにこの軟質、色が濃いので中身が見えません。
正直普通のプラの方がよかったけど、パーツの都合上でできなかったんでしょうね。





TFレジェンズ スカル (9)

折角だから口の中に入れるか(待て)












TFレジェンズ スカル (14)

前足の上には小さなピンがあり、タイタンマスターを立たせられます。














TFレジェンズ スカル (51)

ゾーンモード














それでは、トランスフォーム!!(ギゴガゴゴ)



TFレジェンズ スカル (22) TFレジェンズ スカル (23)

変形

まずキャノピーを開けスカルを降ろし、尻尾を外します。
胴体後部を開きて後ろに移動させ、中にある爪先を出して脚部にします。
ワニの頭部を後ろに移動させます。
前足を左右に展開させ、爪を横に開き、中にある手を出して椀部にします。
変形は簡単ですね。

トランステクターの変形はこれで終わりです。












TFレジェンズ スカル (24)

ギミック

変形したスカルをトランステクターに接続させ

ヘッドオン!

するとロボットの頭になります。








TFレジェンズ スカル (25)

ロボットモード

スタイルはかなり良いですね。
これと言ったアレンジも無く基本そのままのリファインになってます。
旧玩具ともさほど変わりませんし・・・まあ、元からスッキリした様なデザインだしね(色は派手だけど)
腕の爪がそのままクローになりそうで・・・劇中ではなかったけど

カラーリングはビークルモードで述べた時とほぼ同じですが、股部の白が明るめになり、胸にディセプティコンエンブレムが印刷され、アニメ劇中をイメージしたデザインになりました。











TFレジェンズ スカル (26)

リアビュー

ワニ頭を背負ってます。

ハードヘッドの時も言ったけどこのクラスでよくもまとめた物ですね。







TFレジェンズ スカル (27)



ゴーグルアイのイケメン(顎でかいけど)
日本のアニメ版に準拠ております。
海外版はツインアイで当然非劇中似の上に旧玩具版にも似てません。

例によってパワーメーターギミックはオミットされてます。









TFレジェンズ スカル (45)

可動
頭部、腕部、腰部、脚部が動きます。

頭部は左右に動きます。
椀部は腕を上げる事が出来、肘も曲がり、手首の向きを変えることもできます。
肩の上がり具合がとてもよく反面余り広げられません。というか構造上で位置が高くなりがちになりやすい
腰部は左右に動きます。
脚部は股部が動き、膝を曲げられ、爪先も動かせます。
膝の曲がり具合がとても良いのです。ただ、踵が無いので設置性があまりよくないです。
とはいえ可動初期のG2期の物に比べればだいぶマシなんですけどね。

全体的に良く動く部類ですが、足の立ち位置注意すべき所ですね。






TFレジェンズ スカル (33)

武器

ライフル

ワニのしっぽに収納されていた得物でシンプルなデザイン。
小ぶりでハンドガンの様に見える。






TFレジェンズ スカル (32)

武器2

しっぽ

ワニのしっぽですが・・・武器でいいのかなぁ?
一応上の方に持ち手にもなる銃口っぽいパーツがあるけど。

旧版では剣だったけど









TFレジェンズ スカル (31)

二つの武器をとりつけ大型のライフルにできます。
ぶっちゃけビーストモードの状態の時の物をそのまま持たせてるわけですが。
一応パケイラストでもこの状態だったのでこれが正式なのかな?











TFレジェンズ スカル (30)

向きを変えて持たせることもできます。
そこにタイタンマスター&レジェンズのヘッドマスターを搭乗させることが出来ます。
このシリーズお約束の仕様ですね。だから剣じゃなくて銃なのか~。

ちなみにビーストモードの時でも接続可能です。






TFレジェンズ スカル (47)

肩に5mm径の穴があるので接続してシールドっぽく













TFレジェンズ スカル (15)

バトラ


スカルのパートナーでバードタイプドローン

ドラゴン型で海外版の単品売りタイタンマスター、クラッシュバスに付属された奴のリカラー。
国内ではDX同梱されました。
なおドラゴンと述べてますが、国内ではバードモードという扱いになってます。
たしかにバードっぽいけど、翼竜と方がいいのかしら?

本体と同じくレッド系のカラーリングに翼と脚がパープル、首回りがシルバーになっております。
レッドワイバーンと言うべきか?







TFレジェンズ スカル (16)

リアビュー

なお脚と翼がボールジョイントで可動し、首を上下に動かすことが可能。









TFレジェンズ スカル (17)

ミニビークルの上にタイタンマスターを乗せる事が出来ます。





















TFレジェンズ スカル (18)

ファイト!










TFレジェンズ スカル (19)

恐竜(ヘッドマスター拘束)モード

脚部を回し本体のピンに接続させます。
ヘッドマスターを逆さまにし、両手を前に出して足を少し曲げ、バトラの胴体と顎の部分に取り付けます。
最後にバトラの羽根を動かしてヘッドマスターを包むようにして完成。

G1時代の様な角々したデザイン。コミカルでかわいい・・・
以前紹介した戦車やドリルジェットのドローンと同じ一体化するタイプの変形ですが、ヘッドマスター自体が腕と顎になるという非常に面白味があります。
他の物がなんか中途気味だったのに対しバトラは真の意味で「一体化」をしていますね。
ただ、海外版の物と違って色がちぐはぐですけど

なお頭の上にディセプティコンエンブレムがあります。

上記の拘束モードと述べたよう相手のヘッドマスターを取り込んで強制的に合体すると言う設定で付属漫画ではクロームドームを取り込んでました。
その後はオートボットの一員になった模様で、Wevコミックのヘッドマスターセット編でグリムロックと合体してました。



TFレジェンズ スカル (20)

リアビュー

なお脚を前後に動かす事ができ、尻尾を上下に動かせ、口の開閉ができます。












TFレジェンズ スカル (21)

ファイト!!








TFレジェンズ スカル (29)

ウェポンモード


3連キャノン。
恐竜モード(ノンヘッドマスター)の状態でグリップを持たせます。

グリップは5mmジョイントなので同型なら誰でも持てます。。











ではアクション



TFレジェンズ スカル (49)















TFレジェンズ スカル (44)

















TFレジェンズ スカル (46)


















TFレジェンズ スカル (48)




















TFレジェンズ スカル (43)















TFレジェンズ スカル (28)

サイズ差

今時のDXクラスと言う所でしょうね。

スカルは劇中ではハードヘッドの対戦相手でした。
まさかクロームドームやブレインストームを差し置いて二人揃っての先発メンバーになろうとは誰が予想した事か・・・おまけにデキも良いときたし。




TFレジェンズ スカル (34)

ファイト!!!














TFレジェンズ スカル (35)

お返しだぁ!
















TFレジェンズ スカル (36)

パチキ合戦!!
















TFレジェンズ スカル (37)

ダブルノックアウト


















TFレジェンズ スカル (39)

ヘッドチェンジ














TFレジェンズ スカル (38)

メガリゲーター










TFレジェンズ スカル (40)

え~と













TFレジェンズ スカル (10)

立ちあがるワニ



以上、スカルでした。
全体的に旧版にそった様なストレートなリメイクですが、どの形態もとても良好でした。
ワニの顔や可動なんか作り込みがすごい。後はキャノピーが軟質じゃなければよかったんだけど
可動も足周りがわずかに不憫な物の良く動いてくれます。ビーストモードでもすごく遊べるし
国内仕様の顔の変更でイメージ通りだし、付属ドローンのバトラもついてプレイバリューも良い。拘束形態の一体感は実にしっくりくると思う。
いや~両軍共見事に幸先のいいスタートを切った物ですな~。破壊大帝は少しかわいそうな気がするけど・・・



最後にランク

変形:    B
可動:    A 
ギミック:  B+
不満:    D
総合:    B+
お気に入り: A



それではまた
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

中古とは言え最近になって漸く入手出来ましたがうちの個体は足のロール軸が不安になるレベルで保持力が低い…日本版も海外版も足回りは緩いらしいですが
かと言ってちょっと気に入らないという理由でホイホイ再入手出来るアイテムじゃないのが辛い…
一方で公式は再販はしないのにLGコンボバットに付属するメガリゲーターのボディに推奨し、あまつさえトランステクターをメガリゲーター専用にする為にスカルの胸のエンブレム隠し+ビーストデストロンエンブレムシールを用意するという徹底振りからLGスカルは最低2体は持ってなきゃいけないような風潮が2体目入手の困難さに追い討ちをかけている
尤も、メガリゲーターのボディに関してはどうしてもシールを使いたくないなら元より胸にエンブレムの無い海外版使えばいいだけなんですがね

LGジャガーの付属コミックにて元デストロンヘッドマスターjr.がクレイジートロンのトランステクターを盗んだ際ブルホーン(テリブル)はスカルのボディにヘッドオンしていましたが
G1及びLGのスカルとG1ブルホーンのトランステクターってパーツ配置がかなり近いからスカルのリデコでブルホーンをボディ込みで再リメイク出来ると思うんですよね
実際スカルを改造してブルホーン作ってる人もいましたし

因みに同コミックでキャンサーはワイプ、まだ日本版が出ていないワイルダーはウィアードウルフにヘッドオンしていましたが
LGワイプとG1キャンサーもビーストモードの腕(羽)がロボットモードで脚になるという共通点があるのでリデコで出せなくもないと思うんですよね
ワイルダーはウィアードウルフよりもツインフェルノ(ダブルクロス)の方がG1ワイルダーに近いと思うけど

スカルレス

>さすりゅ~さんコメントありがとうございます。

なんか今作は全体的に開幕から入手が厳しくなりがちですね。
やはり今までで無かった反動の大きさや頭部を使ってあのてこのてのキャラを再現しようとする行為が余計に拍車をかけていますしね。

なんかヘッドマスターJr達はできそうでき無い様な感じですね。
別段ネタ要員したいわけでもないのに・・・
プロフィール

ヌエベ

Author:ヌエベ
FC2ブログへようこそ!
ガンプラ、TFが好きなおじさんに見えない子供っぽい大人です。
それ以外にも好きなおもちゃがありますけど。
後は古いゲームが好みです。

リンクに関してはフリーです。
http://ikaruga482.blog133.fc2.com/です。
なお最後の(/)の部分が:に文字化けしてるのでコピーする時は注意してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR