TFレジェンズ 新破壊大帝ガルバトロン

11月なのに雪が降るのか・・・


と言うわけで今回もTFより
「TFレジェンズ 新破壊大帝ガルバトロン」です。

TFレジェンズ ガルバトロン (42)



ワシを操ろうなどと100万年早いわ! 

破壊大帝メガトロンは新破壊大帝ガルバトロンへと再生復活した。生まれ変わったそのボディは重厚な装甲で覆われ、高速かつ長距離移動を可能にするジェット機へ変形、あの強力な融合カノン砲はより大出力で自走可能な砲台として敵であるサイバトロン達は当然として、デストロン兵士達にも恐れられる絶対君主として軍団の頂点に君臨する。

レジェンズ版ガルバトロンです。
かつては似てない不細工、だいぶ前までは大きさが足りない、近年は赤の他人が定着となんか日に日に雑な扱いを受けているんですけど。
でっ、今回は海外で展開中のタイタンリターンズ版と言う事でヘッドマスターとなりながらもオリジナルに忠実・・・と思ったらなんか微妙に違う?そんな感じに復活しました。
やはりシティーコマンダーは重度のネタ要員として扱われるのね。



本品は2016に販売されました。
海外版は先にTFタイタンズリターンでニュークリオン&ガルバトロン名義で販売されました。
なおヘッドマスターはイーホビー限定のコンボットに付属されているメガリゲーターに流用されます。



TFレジェンズ ガルバトロン (7)

ビークルモード

SF砲台です。
2010でおなじみ土管型の移動砲台。
と言ってもさすがにオリジナル比べれば円柱っぽくはなくモナカみたいな長方形型にアレンジされていますね。

国内版ではカラーリングが変化しており本体色の紫部がライトパープルになり、キャタピラ部がグレーになっております。
アニメ版よりも玩具版のイメージが強いですね。海外版の方が劇中カラーに近かったからな~。







TFレジェンズ ガルバトロン (8)

リアビュー

一応向きを変えることも可能。













TFレジェンズ ガルバトロン (9)

大きさはこのくらい












TFレジェンズ ガルバトロン (12)

SFジェットモード

一度砲身部を外し、裏面にあるコクピットのパーツを上の方に移動させ、外した砲身部を裏側に取り付けます。
キャタピラ部を移動させます。
後部パーツを展開しキャタピラ部のパーツに接続させます。

旧G1玩具版には無い本作オリジナルの形態。
旧版ではSFレーザーガン(劇中未登場)に変形してましたが、今回は戦闘機の姿になっております。
土管もとい長方形から三角形のスタイルになってますねぇ。
ジェットロンのビークルモードもそうだけど、セイバートロン星のジェット機は三角デザインになるのね。

国内版では機首の上にディセプティコンマークが印刷されています。海外版は左サイドにありましたが





TFレジェンズ ガルバトロン (13)

リアビュー

言い忘れていたけど、ランディングギアを展開できます。










TFレジェンズ ガルバトロン (1)

メガトロン

メガトロン本人にしてガルバトロンのヘッドマスター。

前回の付属漫画でスキッズに破壊されたメガトロン(コンバイナーウォーズ版)の体内から出てきたという設定。本当にどうなってんの?本体?
デザインは初代メガトロンがモデル。
海外版では目以外はグレーのままでしたが、国内では腹部に赤、胴と脚に黒が追加されよりG1カラーに近くなりました。




TFレジェンズ ガルバトロン (2)

後ろ










TFレジェンズ ガルバトロン (3)



メガトロンですね。
後頭部がギミックの都合上で四角になってますが・・・

目も海外版に比べツリ目になっています。というか海外が血涙にしか見えないからな。

可動は割合









TFレジェンズ ガルバトロン (4)

トランステクター(ビークルモード)の上に乗せる事が出来ます。

タイタンマスターの足の裏にある穴を突起部(赤丸の個所)に差し込まして乗せます。
これも今作のキャラクターの共通仕様になってます。
ただ、センチネルの様に無い物もありますが・・・

















TFレジェンズ ガルバトロン (5)

や~みを~♪、きりさく~♪レ~ザ~ガン~♪












TFレジェンズ ガルバトロン (14)

ビークルのキャノピーを開け、メガトロンを搭乗させる事が出来ます。

他のタイタンマスターや彼らに近いサイズなら同じように乗せることもできます。

なおSF砲台モードでは、乗せる様な指示ありませんが、乗せること事態は出来ます。
もっともあの位置で乗せるって言うのも酷な話だけど。










TFレジェンズ ガルバトロン (16)

ガウォーク



















TFレジェンズ ガルバトロン (10)

俺変形

レーザーガンモード

勿論見立てだけどな。







TFレジェンズ ガルバトロン (11)

折角なので最も暴虐なプライムに担いでもらおう。

















TFレジェンズ ガルバトロン (17)

ゾーンモード。











それでは、トランスフォーム!!(ギゴガゴゴ)



TFレジェンズ ガルバトロン (18) TFレジェンズ ガルバトロン (19)

変形

まずキャノピーを開けメガトロンを降ろします(乗せてる場合に限る)
一旦カノン砲を外します。
本体中央の左右のジョイント部移動させ、キャタピラ部を動かし椀部にします。
後部を変形させ脚部にします。
脚部を回転させ胴体のパネルを前に倒し、左右の肩に当たるパーツも倒します。
一旦外したカノン砲を右腕の二の腕にある穴取りつけます。

ヘケヘケ時代は色々な意味で凶悪でしたが・・・レジェンズ版では程よい感じの難度になりましたね。

トランステクターの変形はこれで終わりです。










TFレジェンズ ガルバトロン (20)

ギミック

変形したメガトロンをトランステクターに接続させ

ヘッドオン!

するとロボットの頭になります。







TFレジェンズ ガルバトロン (21) TFレジェンズ ガルバトロン (22)

ギミック2

胸のカバーを開くと連動して中からマスクが出てきてメガトロンに装着します。
前回のセンチネルと違い今回はマスクオン!!になっています。
当然センチネルの時以上に見た目が変化していおります。
ただし、これが見た目や後述の可動に大きく影響しているのですが・・・







TFレジェンズ ガルバトロン (23)

ロボットモード

2010のスタイルを彷彿させる正統派ガル様のデザイン。
全体的にマッシブな体型で新破壊大帝らしい力強いスタイルになっています。
右腕のカノン砲も大きくて迫力がありハッタリも十分効いております。アニメよりもでかいんじゃないかなぁ?

カラーリングはビークルモードで述べた時とほぼ同じでしたね。












TFレジェンズ ガルバトロン (24)

リアビュー

後頭部は見ない方が・・・









TFレジェンズ ガルバトロン (26)



ガルバトロンフェイス・・・と思ったら実は「ガルバトロンの頭部デザインのマスク」を付けましたと言うオチ。
マスク自体も密着していないので隙間が目立ってしまい不格好になってしまっています。

胸にディセプティコンエンブレムがあります。








TFレジェンズ ガルバトロン (27)

メットオフ

ビーストメガトロンの様なデザイン。
冠の様な部分がガルバトロンのフェイスを意識しているんだろうけど。

国内では頭頂部に紫が追加されています。





TFレジェンズ ガルバトロン (28)

可動
頭部、腕部、腰部、脚部が動きます。

頭部は左右に動きますが、ギミックの都合で録に動きません。マスクをしまえば問題ありませんが・・・
見た目を大きく変えるギミック逆に阻害する結果になったのは皮肉ですね。
椀部は腕を上げる事が出来、肘も曲がります。
右腕はカノン砲が干渉するため肘がほとんど曲げられません。外せば普通に動くけど
腰部を回転させる事が出来ます。
脚部は股部が動き、膝を曲げられ、爪先も動かせま、足首を前後左右に動かす事が出来ます。

基本的な良可動ですが、肝心のギミックがそれを阻害していますね。
右腕はともかく、頭部をなんとかならなかったのかねぇ?





TFレジェンズ ガルバトロン (37)

クモの巣惑星の回の胡坐











TFレジェンズ ガルバトロン (29)

武器

カノン砲

ガルバトロンを象徴するレーザーカノン。
砲身は旧玩具版同様にクリアーパーツ。
先に述べたように二の腕に取り付けますが、個体差なのか接続が緩い。






TFレジェンズ ガルバトロン (30)

一応ですが手に持たせることも可能。
あんまり良いとはいえないけどね。






ではアクション



TFレジェンズ ガルバトロン (35)















TFレジェンズ ガルバトロン (33)


















TFレジェンズ ガルバトロン (36)

やっぱメットオフの方が動かしやすいのう。







TFレジェンズ ガルバトロン (41)

首サッカーでもするか。

このネタはねぇだろうに・・・・・













TFレジェンズ ガルバトロン (25)

サイズ差

同時期のセンチネルと

二人揃って暴虐大帝。







TFレジェンズ ガルバトロン (31)

とりあえずバトル











TFレジェンズ ガルバトロン (43)

ヘッドチェンジ

メットオンはメガトロン以上に見栄が悪くなる。












TFレジェンズ ガルバトロン (38)

他のタイタンマスターで

とりあえずスカイトレッドにしましたが、割と似合ってますねぇ(色はともかく)










TFレジェンズ ガルバトロン (39)

メットオン!!

するととたんに悪くなるなぁ。
こうなると、本ギミックは自質メガトロン(ニュークリオン)専用になりますね。








TFレジェンズ ガルバトロン (32)

以上、ガルバトロンでした。
三度目の正直で遂に程よいくらいで逞しい姿になりました。
SFガン形態は無くなりましたが、新規のジェット機形態は割と素直でカッコよくまた違った魅力がありますね。
さらにヘッドマスターになった事でプレイバリューがさらに向上し遊び幅より広がりました。
ただ、肝心のマスクギミックがあまり誉められた物ではありませんね。
これやるくらいだったら最初からガルバトロンデザインにしたほうが良かったと思うけど、初期の段階だからまだその辺の部分を考えてなかったのかもしれないですね。
正直ヘッドマスターになった事でまたクセが強くなってますが、久々のリメイクガル様としては良くも悪くもってとこでしょうか。




最後にランク

変形:    B
可動:    A 
ギミック:  B
不満:    C
総合:    B
お気に入り: A




では、また
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

CWショックウェーブも一応飛行砲台が合体ロボの背中に合体したり手持ち武器になるという体だったり
TRシックスショットのガンモードに当たる形態が上下反転しただけとはいえあくまでサブマリンモードだったり
今や北米圏ではSFガンにすら素直に変形させてくれないようですね…
個人的にはコンバイナーウォーズのアニメ最終話のSFガンに変形するメガトロンなら玩具化出来そうだから出して欲しいと思ってたのですが
そんな中MPでレーザーウェーブやメガトロン出してくるタカラトミーはチャレンジャーだ

ガルバトロンのマスクはシルエットだけならいい感じになるものの
可動範囲の狭さやマスクオン系フィギュア特有のフィット感の低さが克服できなかったのか
以後のボイジャークラスのスプリングギミックは全部センチネルプライムのように肩から何か生えてくる系ですよね

LGガルバトロンはLGメガトロンと比べて俺変形でガンモードを編み出している人が少ない気がします
大方のファンはG1に近いSF砲台になれただけで満足したんだろうか
後に控えているTRメガトロンを俺変形で銃に変形させる奴は出るのか?

No title

ゾーンモードいいですね。
こういうトランスプレイは大好きです。

言われてみれば、メガトロンのマスクオフ状態は、国内版のカラーだと要塞参謀ガルバトロンっぽい頭部ですね。
スタジオOXじゃなくて、玩具の土管の方の。

ガルバトロンのマスクはなかなか面白いアイディアだったと思いますが、浮いた感じで見た目がよくなく、リーダークラスみたいにヘルメットにしてしまった方がよかったんじゃないかと思うこともあります。
まあ、コストの問題とかもあったのでしょうけど。

スカイトレッド、意外に似合うのにはビックリ。
しかし、海外版はニュークリオンかあ・・・あ、アクションマスター?!

ガルバトロンレス

みなさんコメントありがとうございます。

>さすりゅ~さん
もう銃系に関しては「国内」頼りになりそうですね。それでもMP枠か・・・

結局ガルバトロンのギミックは失敗作だったみたいですね。

まあ、元々SFガン自体が劇中にも出ていないから特に気にする必要もないんでしょうね?

>れっどあらあとさん
ありがとうございます。
ゾーンモードは本作のコンセプトに合わせてやっていますが、ハードヘッド見たいに乗せるジョイントが複数ある奴ならDXでもいけそうな気がします。

そうか、ガルバトロンⅡでもいけそうですね(待て)

スカイトレッドはデザインがゴツイ奴とならほぼ相性がいいんですよね。
そうなると戦車系向きになるのか・・・
プロフィール

ヌエベ

Author:ヌエベ
FC2ブログへようこそ!
ガンプラ、TFが好きなおじさんに見えない子供っぽい大人です。
それ以外にも好きなおもちゃがありますけど。
後は古いゲームが好みです。

リンクに関してはフリーです。
http://ikaruga482.blog133.fc2.com/です。
なお最後の(/)の部分が:に文字化けしてるのでコピーする時は注意してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR