HGUC シナンジュ

宣言通り。



さて今回はガンプラより

「HGUC シナンジュです。

HGUC シナンジュ (23)



彼らが望むなら私はシャア・アズナブルになる。このマスクはそのためのものだ


シナンジュは地球連邦宇宙軍再編計画「UC計画」の一環として、アナハイム・エレクトロニクス社が開発した試作MSをネオ・ジオン残党軍「袖付き」が強奪に偽装した譲渡という形で入手した機体である。
「袖付き」を象徴して率いるフラッグシップ機たるべく、全身の外装をジオン風に改修し、真紅の塗装と金色のエングレーブが施され、ネオ・ジオン軍のエンブレムをそのまま具現化した姿となった。
かつて同社が開発したサザビー、 νガンダムと同じく、「ムーバブルフレーム」と「サイコフレーム」を採用したニュータイプ専用機とされる。
ファンネルなどのサイコミュ兵装は持たないが、ニュータイプパイロットの脳波を機体の挙動へダイレクトに反映させる「インテンション・オートマチック・システム」を搭載しており、MS単体の機体制動・追従性・機動性を極限にまで突き詰めて設計されており、通常の手動操作を凌駕する反応速度と動作精度を誇る。
背面と脹脛側面のフレキシブル・スラスターと、全身のスラスター群により、いかなる姿勢においても高い機動力を発揮する。また下部にはサザビーよりも大型のプロペラントタンクがある。
元々は一般パイロットの操縦では計測不可能な限界値を取得するべく、機械上での試験運用を目的としたニュータイプ用の実験機で、驚異的な機動力と追従性を誇るも、高加速度とサイコミュにより並のパイロットでは扱えず、その結果、人間が乗り込む機動兵器としては欠陥機とも言えるMSであったが、実際には人を超えた「ある者」に向けて造られていたとされる。
ネオ・ジオン残党軍「袖付き」の首魁であるフル・フロンタルが搭乗し、その操縦技術に合わせた操縦系統の改良や、更なる推力の強化が行われ、フロンタルの卓越した技量を体現する性能を実現するに至り、あくまで理論上であったそのポテンシャルを遺憾なく発揮することとなり、彼の戦闘スタイルから、「赤い彗星の再来」と渾名され、総帥シャア・アズナブルを失い士気の低下したネオ・ジオンの崇拝と士気高揚の対象となり、地球連邦軍からは脅威の対象として恐れられていたとされる。
後にこの機体で検証されたデータを基にユニコーンガンダムが開発され、互いに激闘を繰り広げる。
パイロットはネオ・ジオン残党軍「袖付き」の首魁フル・フロンタル

ダークシャア事フル・フロンタルの愛機にしてユニコーンガンダムの兄弟機(兄者)でありライバル機。
UC世代のオマージュの多いユニコーンの中でも屈指のネタMSでもあります。
具体的に言うとジオン系でありながら連邦系でもある部分、一年戦記のシャアの乗機の武装と戦法等(特にシャア専用ザク)。
シナンジュは当初複雑すぎるデザインで躊躇っていましたが、アニメ版とロボ大戦を見たら一気に購入に踏ん切りました。実際かっこいいし
パイロットの丸裸もといフル・フロンタルの中の人はシャアと同じく池田秀一さん。



本品は2010年?に販売されました。
これ以外にもメッキバージョンのチタニウムフィニッシュ、ハルユニットがついたリデコ(一応)のHGUCネオジオングがあります。



HGUC シナンジュ (1)

サザビーを彷彿させる深紅のカラーでスタイリッシュにした様なかっこいいスタイル。
でかい上に装飾だらけでとにかく派手々しい、その上刺々しい部分と曲線重視のディテールの複雑ぶりですね。
まるで最初から立体化させる気が無い様なデザインですが、なにせ元々そのつもりで書いたつもりと言われますし。
上記でサザビーをスタイリッシュにした様なと述べましたが、実際はHiνガンダムを意識したとデザイナーが公言しておりました。
そのためファンの間では劇場版の逆シャアで間に合わなかったHi-νを参考にした機体の正体ではないかと・・・
プロポーションは設定画やMG版とほぼ変わらずと言った所で、よくこんな複雑な奴を綺麗に立体化させたと誉める所。

今回は今までやらなかったメタリック塗装をしました。
赤の部をシルバー、シャインシルバー、クリアーレッドの流れでやりました。
黄の部をGXメタルイエロー
グレー部をライトガンメタル(タミヤ)
黒の部をブラック
金の部をゴールド
白の部をGXクールホワイト
センサーやモノアイをブラック、シルバー、クリアーグリーン(エナメル)で塗り
最後に光沢クリアーを吹いて仕上げました。

赤い部分のみキャンディ塗装というやり方でやってみました。
サイコフレームのパワーを発動させてユニコーンのNTーD状態的なイメージでやりました。
まあ、やるなら小説版みたいに紫オーラに包まれた状態がいいのかもしれないけど
しかしこの塗装法、クリアースプレーを吹いて乾燥を何度も何度も繰り返したからすっげぇ疲れた。スプレー代だけで結構持ってかれますね。
でも終わった時の達成感は最高でした。
ただ鏡面処理まではやりませんでした。最初はやろうかなと考えたけど手順が大変だから結局諦めました。
と言うかそれ以前に中途半端にやったから何とも言えないと言うか・・・安生弄りまくってたら普通に剥げましたよ。

ちなみに色分け自体は金ラインを除けばパチでもかなり良いくらいです。シールもそこだけカバーしているくらいだし





HGUC シナンジュ (2)

後ろ

鳥(猛禽類)の羽根を連想させる大きな二基のスラスターと細長い二基のプロペラントタンク。
劇中では最大出力時に羽ばたくような挙動を行い、タンクも意図的に切り離すことで囮として利用してました。
この部分がHiνを思わせる所で同じ細長タンクに羽の様なフィンファンネルの代わりに推力偏向スラスターと言った感じに。
まさに鳥人MSだな。 正直ガンダムSEEDに出てきても違和感無いだろうな。

なお本来なら羽とタンクは白なんですが、どうせならもう少しサザビーに合わせてみようと言う事で黒くしました。
タンクのラインは手書きでやりましたが、形があってないんですよね。
元々アニメでは赤のラインがあったのですが、ここはシールでもカバーされてませんでした。
まあ、小説版でもなかったし無理に書か無くていいのかも・・・。






HGUC シナンジュ (3)



ゲルググをおもいっきりシャープに引き締めた様な形?ブレードアンテナと動力パイプが付いてます。
中にモノアイがあるのですが、マスクの隙間の感覚が狭すぎてまったく見えません。
ここ削った方が良いんじゃないかなぁ?どうしても見たい人はね。
なお両サイドには60mmバルカン砲が搭載されています。






HGUC シナンジュ (4)

横から

全体的に丸いですね。
襟の装飾も羽の様な形。











HGUC シナンジュ (8)

バストアップ

どっかのMAの様なジオンの形を体現したかのような金のエングレービングに動力パイプ。
これだけでも普通に豪華ですな。
エングレービングは全部筆塗りでやりましたが・・・すっげぇきつい。
当初はマスキングしてスプレーしようかと思ったけど、それが余計に面倒だったので結局筆にしました。
一番楽なのはシールを貼る事だけど角々&曲線ばかりだから綺麗にできるかどうか自信もないんだよな。






HGUC シナンジュ (11)

腕回り

先端が破れた様な肩アーマーと丸みのある腕部の装甲と袖のエングレービング。
刺付きのサイドアーマーや腰の動力パイプはシャアザクらしさがある。








HGUC シナンジュ (9)

足周り

膝にも金のエングレービング
膝のデザインはニューガンダムを意識しておりますね。
両サイドに複雑曲線装甲があります。














HGUC シナンジュ (13)

可動

頭部、椀部、腰部、脚部等が動きます。
頭部は左右上下に動かせます。
デザインの都合上顎が引けない、まあそれ以前に頭部周りが干渉して微妙な動きになる。
後接続がプラ同士だから動かしてると普通にヘタれてくるんだよな~。
椀部は肩を上げる事が出来、肘を90度曲げる事が出来ます。
肩が引き出しになっています。肩のサイドアーマーも動かせます。
拳はボールジョイントでグリグリ動きますが、袖が邪魔ですね。
腰部はボールジョイント接続でうごきますが、動力パイプに干渉するのでそれなりに動くくらいかと。
スカートのサイドアーマーも動かせます。
フロントアーマー、リアアーマーも動かせますが、両方同時に動いてしまいます。ですが、中心部をカットする事で独立可動にすることが可能。
脚部は股部がボールジョイントで動き膝を45度曲げる事が出来、足首、爪先を動かせます。

総評としてはその当時のUC系らしい範囲で背中の重みで倒れやすい。
この時代ではダブルオーガンダムの様な近代の可動範囲が普通になりつつありますが、UC系(特にTVアニメ)は頑なにこの手の可動を貫いておりてました。
一応その当時でもリゼルやデルタプラス辺りがダブルオーガンダム系の可動になってましたが、ジェスタ以降からUC系も正式化するようになりましたね。




HGUC シナンジュ (14)

足のふくらはぎの装甲も動かせます。











HGUC シナンジュ (15)

フレキシブルスラスターは軸可動で上下左右に動かせ、カバーをガバッと展開させられます。
タンクはボールジョイント接続で動きます。

UC以外でもこの手のタイプにはトールギスやグラハムカスタムなんかもありましたね。
あれも人間が乗る事を考慮していないじゃじゃ馬MSだったし・・・




HGUC シナンジュ (24)

武器1

ビームライフル

本機専用のロングバレル型高出力ライフル。
見た目の割に威力が普通のビームライフルを凌駕していて劇中ではネェル・アーガマのカタパルトデッキを容易に貫通したほどです。
スコープが動き、サイトセンサーの取り外しができ、他の武器も付けられるアタッチメント機能付き。
専用の握り手で持ちます。裏にはダボ穴がありガッチリ固定できます。



HGUC シナンジュ (17)

未使用時には腰にストックできます。
この時は背中のパーツを外しマウントパーツを取りつけます。
またライフルもセンサーを外すよう指示されていました。








HGUC シナンジュ (25)

下部にはグレネードランチャー(武器2)をとりつけられます。











HGUC シナンジュ (28)

武器3

ビームサーベル

両腕の腕部装甲内に格納される斬撃武装。2基装備されてます。
サザビーと似た形状ですね。
持つ時は普段ガンプラで使われてる持ち手を使います。
そのため今回は何時もと違い最初から握り手の状態でやりました。

ちなみにユニコーン同様に手に持たず接続したままビーム刃が起動できますが、HGではできません。







HGUC シナンジュ (30)

武器4
ビームアックス

シールドの裏側に2基装備されている近接武器。
サザビーとは違い両刃ではなく、個別に二つあります。

画像ではビーム刃の短い奴を付けてますが、後述の長い奴を付ける事でビーム・ソードアックスにできます。



HGUC シナンジュ (32)

連結させる事が出来ます。
ビーム刃の長い奴をつけて状態ではビーム・ナギナタにすることができます。











HGUC シナンジュ (18)

武器5
シールド

改修後に新造された専用のシールド。
サザビーの物を細身にしたような形状で、袖付きの紋章がモチーフになっています。
書くのが面倒なくらいにゴージャスなエングレーブ。
先端が鋭く尖っており、打突武器としても使用されます。

ショルダーアーマーに直結しているスラスターユニットに懸架することができますが、HGではできません。

ちなみに劇中では持たない時もあります。
なにせ「当たらなければどうということはない」を血で行く機体ですからねぇ・・・





HGUC シナンジュ (19)

裏側にグレネードランチャーと別パーツのビームアックスを取りつけられます。
またロケットバズーカのマウントも可能できますが、これが出た当時は序盤なのでバズーカはまだ伏せられてたんですよね。
なお、ロケットバズーカは別売りのHGUCネオジオング、システムウェポン007に付属しています。









HGUC シナンジュ (50)

アックスを差し替えビーム刃を付ける事でビームクローにできます。
これシャアズゴックを意識しているのかなぁ?
まあ、ナギナタもクローも大小どちらのアックスでも問題ないだろうかと・・・・。














では、アクション



HGUC シナンジュ (21)

この感覚、このプレッシャーは・・・!










HGUC シナンジュ (53)

そこか!














HGUC シナンジュ (54)

沈め!


















HGUC シナンジュ (29)

劇中のリゼルとの鍔迫り合いポーズ。

















HGUC シナンジュ (36)

遅い!
















HGUC シナンジュ (31)

やらせんよ!














HGUC シナンジュ (33)

回転バリアーなイメージ










HGUC シナンジュ (34)

これで・・・終わりだ!









HGUC シナンジュ (38)

私とて赤い彗星と言われた男だ!・・・やってみせよう!



















HGUC シナンジュ (39) a

全力ブーストの高速移動中の軌跡イメージ

















HGUC シナンジュ (40)

目の前に現れ・・・
















HGUC シナンジュ (42)

伝説のシャアキック!!
















HGUC シナンジュ (51)

からの・・・













HGUC シナンジュ (52) a

ズバット!クロー!













HGUC シナンジュ (22)

最後は種バース












HGUC シナンジュ (6)

サイズ差

全高22・5mだけあってでかいです。
多分TFのボイジャークラスくらいかなぁ?









HGUC シナンジュ (48)

なお背中のフレキシブルスラスターを外す事が出来ます。
形状がストライカーパックっぽいので似た様な奴が付けられそうですな。
ためしにライトニングの物をつけました。割と似合ってる気がする。











HGUC シナンジュ (46)

以上、シナンジュでした。

曲線主体の独特なプロポーションがかっこいいですね。
サザビーを彷彿させながらHIνのイメージを併せ持つ所もダーク系ライバルらしい立ち位置ですな。
作り自体も金のラインが面倒な事を除けばパチでも高レベルの色分けで合わせ目も特に目立つ事も無い構成でした。
武装もシンプルだけどギミック面が豊富で遊びやすく本体サイズと合わせて値段見合ったボリュームのある内容でした。
さすが本作のフラッグシップの一機だけはありますね。
とりあえず今回はメタリック塗装しましたが、メタリックって難しいね。



最後にランク

変形:    (━)
可動:    A 
武装:    A
不満:    C
総合:    B+
お気に入り: S



ではまた
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヌエベ

Author:ヌエベ
FC2ブログへようこそ!
ガンプラ、TFが好きなおじさんに見えない子供っぽい大人です。
それ以外にも好きなおもちゃがありますけど。
後は古いゲームが好みです。

リンクに関してはフリーです。
http://ikaruga482.blog133.fc2.com/です。
なお最後の(/)の部分が:に文字化けしてるのでコピーする時は注意してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR