TFムービーロストエイジ ロックダウン(LAシリーズ)

昨日はスーフェスでしたね。色々不発だったけどな!



と言うわけで今回もTFより
「TFムービーロストエイジ ロックダウン(LAシリーズ)です。

TFムービー4ロストエイジ ロックダウン (1)



オートボット殺す、慈悲はない・・・


ロックダウンは、オートボット、ディセプティコンのどちらにも属さないバウンティ・ハンターでランボルギーニ・アヴェンタドール LP 700-4 クーペに変形する。
狙った獲物は決して逃がさないとされ、オートボットの騎士たちから奪った彼の宇宙船は無数の罠を備えた移動監獄へと改装されており、船内には彼が集めたコレクションや捕らえたエイリアン達で溢れている。
ヒューマノイド型やボール型など多種多様の金属生命体の部下を従えている。
分離飛行可能な最深部には騎士たちの聖域「テメノス」があり彼はここを「創造主」が「騎士」「チェスの駒」と称した者たちを捕らえる重監獄として利用していた。
賞金稼ぎとして宇宙を駆け、様々な惑星で多くの生命体の抗争を見てきた経験から、オートボットとディセプティコンの戦争には否定的で、どこか冷めた目で見ている。
「創造主」からオプティマスを連れて帰るよう依頼され地球に飛来し、その過程でアティンジャーと結託し「墓場の風」のオートボット狩りに協力した。

銀幕デビューしたロックダウンです。
公開前はディセプティコンの新人という立場でしたが、実際は、第三勢力で本作のラスボスというとんでもねぇ優遇ぶりでした。
しかもその衝撃的なデビューのために我らがエロ軍医をSATUGAIしてくれましたorz
でっ、こんかいはそんな彼のロストエイジ版でギミックメインの低年齢向け版です。
かーっこいーじー♪すばーやいーじー♪ろすーとえーいじとらんすふぉーむー♪という迷曲が流れるPVが有名。



本品は2014年に販売されました。
海外ではワンステップチェンジャーというシリーズで販売されてます。



TFムービー4ロストエイジ ロックダウン (3)

ビークルモード

スーパーカーです。
モデルはランボルギーニ・アヴェンタドール。

低年齢向けという事なのかアドバンス版にくらべやや厚みがあります。
ギミックの都合上分割線が多くなってます。
ボンネットにディセプティコンのエンブレムがあります。この時はまだ公開前だったからよかったんですが・・・

なおフロントガラスの赤丸で囲った部分が後述のギミック用のスイッチです。






TFムービー4ロストエイジ ロックダウン (4)

リアビュー

コロ走行ができます。

赤丸で囲った所は別売りのバトルコマンドオプティマスとの連動用金属ピンです。
右側にありますが、陣営によって位置が異る仕様になってます。










TFムービー4ロストエイジ ロックダウン (5)

アドバンス版と

サイズはほぼ同じなんですよね。
デザインも若干違いはありますが、実はアドバンス版より劇中再現度が良かったりする。

それでは、トランスフォーム!!




TFムービー4ロストエイジ ロックダウン (6)

ギミック

フロントにあるスイッチを押しこむと・・・







TFムービー4ロストエイジ ロックダウン (7)

連動して各パーツが展開しロボットモードに変形します。
ただ、このギミック中々作動しづらい。

ちなみにビークルに戻すときは展開されたパーツを元の位置に戻す仕様。
若干面倒なんですよね。



TFムービー4ロストエイジ ロックダウン (8)

ロボットモード

スタイルは、低年齢向けの本シリーズとしては普通な方かな?
どうしてもガワが張り付いたようになってますけど
造形面では各部のディテールの密度がすごいことになってます。
ここまで本気出してやる事なのか・・・

ちなみに本シリーズは格キャラクターによって6タイプの変形に分かれております。
別売りのスティンガーやクロスヘアーズがロックダウンと同じタイプです。



TFムービー4ロストエイジ ロックダウン (9)

後ろ










TFムービー4ロストエイジ ロックダウン (10)



劇中のバトルマスク状態。

モールドがんばってますねぇ。







TFムービー4ロストエイジ ロックダウン (11)

可動は手が動くのみ。














TFムービー4ロストエイジ ロックダウン (2)

アドバンス版と

頭一つ分くらい小さいかな。

見栄自体はアドバンス版が当然良いですが、やはりモールド面はこっちが上かと
なんかやる事が気合の入れ方良いのだか悪いのだかよくわからないな。



以上、 ロックダウン(LAシリーズ)でした。
超簡単変形という気軽に何度も弄って楽しく遊べます。
可動やロボ時のスタイルを割り切ってる割にディテール面がすごく、地味に劇中再現してたりする所も侮れなかった。
値段もこれまでのベーシックやグラビティに比べてリーズナブルでようやくまともになりました。
気軽に弄りたいと言う方にハ是非お勧めします。



最後にランク付け

変形:    C
可動:    C
ギミック:  A 
不満:    C
総合:    B
お気に入り: B



ではまた
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ワンステップチェンジャーでもこのタイプの変形パターンは初期のアイテムにしか採用されておらず早々に廃れましたね
元々可動など考えてない型ですが肘しか動かない(スティンガーに至っては唯一の可動範囲の肘すらロクに動かない)し構造上武器持ち手にできないせいか
他の変形パターンの物と比べて拡張性が乏しかったのも一因なのかなぁ
変形前後のプロポーションは一番好きなのですが…
一方同じく初期からあったドリフト等に採用されたパターンはロボットモードのプロポーションはよくないですが
これと比べて腕は動くし型によっては他商品から流用した手持ち武器も持たせられるのでTAVまで生き残ったのは対照的です

ロックダウンは劇中での扱いから作られた玩具も多いですが日本導入されたのは2つだけだったんですよねぇ
日本未発売の物にはサイズだけならボス敵らしいスリーステップチェンジャーの物と劇中屈指のグロいシーンだったルーカス殺害シーンで使用した肩ランチャーが再現できるバトルアタックの物があっただけに残念
ところで個人的にワンステップチェンジャーよりもバトルアタック系の方が好きです
ビーコンとかジャンクヒープとか末期の物は殆ど出回ってないのが残念だけど
ジャンキオンとジャンクヒープは別キャラだし…

ところで自分は中古のジャンク品のセットに入っていた物を入手しましたが
後輪が両方欠品でした。コスト削減ではめ込み式タイヤにするのはいいけどせめて外れにくくしてくれよ…

レス

だいぶ遅れてしまいました。

>さすりゅ~さんコメントありがとうございます。

正直廃れさせるほどでもないと思うんだけど・・・もしかしてあれは実写TF用として作っただけってわけじゃないよね?

国内版のバトルアタックってそのほとんどがダイノボットでしたよね。
オプティマスなんてわざわざ差別化してまで出したかった様なものだったし。
まあ、それでもロックダウンのバトルアタックぐらいは出せばいいのにね。
プロフィール

ヌエベ

Author:ヌエベ
FC2ブログへようこそ!
ガンプラ、TFが好きなおじさんに見えない子供っぽい大人です。
それ以外にも好きなおもちゃがありますけど。
後は古いゲームが好みです。

リンクに関してはフリーです。
http://ikaruga482.blog133.fc2.com/です。
なお最後の(/)の部分が:に文字化けしてるのでコピーする時は注意してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR