トランスフォーマー  G(ガイア)スクランブル パートⅠ 往生編(仮)

写真枚数がぱない。その結果ようやく終わった・・・



さて今回はTFガムより
「カバヤTFガム トランスフォーマー  G(ガイア)スクランブルです。

TFガム ガイアスクランブル (91)


パートⅠではロボとビークルのみの紹介です。



サイバトロンとデストロンのスクランブル合体戦士達12人が戦闘中にブラックホールに飲み込まれてしまった。
別の宇宙に飛ばされた6人の戦士達は、元の世界に戻るため、そして残りの6人を探す為一時的に手を組む事になった。
彼らは6体合体戦士「ガイアスクランブル」となり、別の宇宙の突破を目指す。巨大合体剣「B.H.バスター」でブラックホールを突き破れ!

ガイアシリーズの第3弾。
2弾以降からTFガムとの連動も視野にいれた今度は前弾に引き続きスクランブル戦士。しかも全員
基本的にはいつもと同じ6種に色違いキャラがあり自質12種とこれまた前作以上の豪華絢爛ぶり。
ただし中身がランダムなのでどれが当たるかは運頼みと言う極めてクセの強い仕様。
実は当初、取り説が表か逆向きかで判別できるのでは?と判断してました。実際それで10種くらいはダブることなく引きましたが、後に本体の向きが逆に梱包されてる奴があったりして結局単に封入の仕方自体がいい加減だったと言うだけだった・・・
なお今回は各キャラに合わせた専用シールにサイバトロン&デストロンのエンブレムが一枚ずつありお好みで貼ってくださいと言ういかにもオリジナル企画らしいやり方でした。



本品は2013年8月中旬に販売されました。
ラインナップはファイアーボルトスリング)、エアーライダースカイダイブ)、デッドエンドブレークダウン)、ドラッグストライプワイルドライダー)、ボルターブレストオフ)、ブロウルスィンドル)の6に色違いを含めた計12種類です。

組み立て式のプラモデルでガムが付属しております。
また同時期にトランスフォーマーガム(第7弾)も販売されております。

今回も例によってアソート率が低いのですが、一部の店では2ボックス分置いてあったりもする。

まずエアーボットチームからです。



TFガム ガイアスクランブル (2)

ファイアーボルト


きままでとぼけた感じの性格であり、注意散漫で、危険な飛び方をする。

OVAのスクランブルシティ発動編で合体フォーメーションを間違えた人、ややっこしくていけないぜ。
そのせいでピンチになったんだが・・・

ビークルモードはF-4がモデルの戦闘機です。
スマートだった頃に比べて体積が大きくなりました。
色も紅白ですが、元の部分に割と忠実だったりする。

シールはキャノピーや水色のラインを再現したファイアーボルト用を使ってます。

素材は同じみのPE製(軟質素材)です。
正し今回はこれまでと違いやや頑丈にパワーアップ!
しかし塗装は無意味に等しいので、シール貼りで我慢。





TFガム ガイアスクランブル (1)

大きさ比較するとこれくらい

今回はEZより少し大きめな作りでした。

ちなみに今回はビークルモード時でも初めから武器装備した状態で紹介してます。




それではファイアーボルト、トランスフォーム!!(ギゴガゴゴ)



TFガム ガイアスクランブル (4)

変形

後部パーツを取り外します。
機首を移動させ、頭部パーツを外し、本体をスライドし、ウイングを移動します。
ハズした頭部を再び取り付け、背中にハズした後部パーツを取り付けます。

前回とうって変わって今回は差し替えありの変形ですが、これ今回の仕様の都合上の結果この様になってます。





TFガム ガイアスクランブル (5)

ロボットモード

旧版を路襲したスタイル。プロポーションも割と良い感じです。
色は元と違い足以外は真っ白。

こちらもファイアーボルト用のシールを使用。
ビークル時と違い元キャラのイメージをあまり再現してないオリジナルのデザイン。







TFガム ガイアスクランブル (6)

リアビュー









TFガム ガイアスクランブル (7)



アニメ版をイメージしたツインアイ、
玩具版はマスクアイでしたけど。

頭部を取ってるのは写りが悪かったから。元々よくないけど






TFガム ガイアスクランブル (8)

可動

頭部、腕部が動きます。

腕は上下のみですが、頭部は左右に動かせます。
都合とはいえ旧版では無理だった頭部可動は何気に大きな進歩ですね。

正しこの頭部、接続があまりにも悪いためとにかく外れやすいこまりもの。





TFガム ガイアスクランブル (9)

武器
フォトン・ディスプレイサーガン?

ビークル時に機体中央の上に取り付けられてた物。

小さいながらも銃らしさがる造形





TFガム ガイアスクランブル (10)

手には3mmジョイント用の穴があります。

意図的かもしれないけど・・・







TFガム ガイアスクランブル (11)

大きさ

EZより頭一つ分くらい小さいくらいかと。







TFガム ガイアスクランブル (25)

スリング


エアーボット部隊の副官。
大ボラ吹きで、軽蔑しやすい性格。

問題児の塊のエアーボットの代表者。
仲間を愚弄する、デストロンに憧れるetc
ただ、改心した後は仲間を守る男儀を見せてくれました。

ちなみにテックスペックでは、自慢屋である反面、あまり自分に自信が持てないみたいです。やっぱホラ吹きですね。

ビークルモードは戦闘機。

紅白から緑とグレーのカラーリングに。
後部パーツを組み替える事で、別の形状に変化させていますね。
安易なリカラーで終わらせない所がすげぇなぁ・・・

シールはキャノピーや水色のラインを再現したスリング用を使ってます。





TFガム ガイアスクランブル (23)

ファイアーボルトと

こうして見ると別物に見えますね。色だけならヒロイックとリアルカラーの図だけど
旧世代のタカトクの可変メカやガンダムの旧キットを思いだす。

ちなみにスリングの元の方はハリアーがモデルでしたので違和感があるけど。



トランスフォ~ム!

変形は同じなんで略。



TFガム ガイアスクランブル (26)

ロボットモード

基本は上記で述べた様に色が違うだけです。
シールが違う絵柄なのでより別物らしさが出てますけど。

でも本来はゲッソリ体形なんだがな。







TFガム ガイアスクランブル (27)

リアビュー

上記で言いませんでしたが、実は背中のパーツを逆に取り付けるのが本来の図です。
ただ接続の緩さと機首の収まりが悪かったんであえて逆にしました。おしいなぁ・・・

顔と可動は同じなんで略

これ以降、同タイプ色違いは可動、変形で略と書かずにスルーします。





TFガム ガイアスクランブル (28)

ファイアーボルト(ロボモード)と

色が違うなら別人とはよういったもんですが・・・やはり色が別物過ぎて違和感が
何せ本来ふたりともほぼ同色だし。

スパリンの再現と受けとればいいが。ふ~む

ちなみにエンブレムは左右の肩にそろぞれ逆に貼ってます。
あんまり元を意識してないけどね。これ全員に言えるけど






TFガム ガイアスクランブル (12)

エアーライダー

部隊の中で最も好戦的な性格であり、敵を全力で叩きつぶす事を楽しみにしている。

近年オートボット陣営の戦闘機キャラに選ばれる光景が多いため何気に知名度がアップしてます。
とは言え他のキャラも選ばれてる事は選ばれているのですが・・・あまりにも少ないのよね。

ビークルモードはF-15がモデルの戦闘機

落ち着きのある黒白カラーとキャノピーやラインが再現されたシールでかなり元に忠実ですね。
後部が白なのが惜しい所か。



それではエアーライダー、トランスフォーム!!(ギゴガゴゴ)



TFガム ガイアスクランブル (14)

変形はファイアーボルトと同じパターン









TFガム ガイアスクランブル (15)

ロボットモード

造形は割と同じに見えて違う感じです。
言うならば、曲線が目立つファイアーボルト&スリングに対して直線状と言った感じ。

シールは当然エアーライダー用を使用。







TFガム ガイアスクランブル (16)

リアビュー








TFガム ガイアスクランブル (17)



エアーライダーらしい造形。
判別しにくいけどバイザー状。






TFガム ガイアスクランブル (19)

可動
頭部、腕部が動きます

ファイアーボルト&スリングと変わりません。








TFガム ガイアスクランブル (20)

武器


名前知りません

ビークル時はウイングの下に取り付けます。

彼は本来トルクライフルが武器ですが・・・





TFガム ガイアスクランブル (22)

スカイダイブ

部隊内では冷静で頭脳派で航空戦略に魅了されている。

BWに同名がいた様な・・・
ちなみにテックスペックでは、一度見たマニューバを、身体能力の許す限り忠実に再現するという特技を持つそうです。さいですか

ビークルモードは戦闘機
黒白からパープルとグレーのカラー
ウイングを逆にして差別化させています。

シールも専用デザインで再現





TFガム ガイアスクランブル (21)

エアーライダーと

ウイング向きが違うだけで印象が変わるもんだな。
単純な考えとは言えすごい事だと思う。

ただスカイダイブって本来プライムスタスクと同じF-16タイプなんだが・・・



トランスフォ~ム!



TFガム ガイアスクランブル (29)

ロボットモード

デストロンカラーですか?
うっ、シールの胸ライン貼り忘れたorz








TFガム ガイアスクランブル (30)

うしろ










TFガム ガイアスクランブル (31)

エアーライダー(ロボモード)と
解元からそうだけど、解り辛い。

色は面白いくらい対比的過ぎて対決相手みたいだ。
元のイメージが崩れがちだが・・・彼とスリングは同じスタスク型な上に、デストロンの元に潜入した事があるのでそれをネタにしたんでしょうかね?

まあ、そもそもガイアだから関係ないか。

なおこれ以降はみな上記と同じタイプのカラーリングになってます。


お次はスタントロンチームです。



TFガム ガイアスクランブル (34)

デッドエンド



いつも不機嫌な運命論主義者で自惚れ屋で戦いに意義を見出せないでいる。
空を飛べるらしいが、その事を卑怯と思っているそうだ。

スタントロンのミスターリカラー。
バイナルテック、ム-ビー、プライム、ジェネと後年のTFに必ずと言っていいほど顔だししてるためかメンバー内でも知名度が非常に高い。と言うか彼一人に任せっぱなしなんだけど・・・

ビークルモードはスーパーカー
カウンタックLP500がモチーフだと思われる。

G1ではポルシェ 928がモチーフのスポーツカ-だったのですが、仕様の都合かブレークダウンに合わせる形になってます。
慣れしんだ人から逆じゃないの?とか言われそうだけど、恐らくカバヤはデッドエンドばかり優先するのもどうかと思ってたんだろう。

カウンタックモチーフではあるのですが、ボンネットの側面がクーペ状になっている辺りデッドエンド要素も含まれてる事かと。
ゴーカートばりにでかいバンパーが目を惹きます。
色は紫とグレー、元に似ません。
シールはガラス、後部のストライプに使用。欲を言えば縦ラインがあれば・・・



それではデッドエンド、トランスフォーム!!(ギゴガゴゴ)



TFガム ガイアスクランブル (38)

変形

バンパーを外します。
ボンネットを移動させ、頭部パーツを外し、本体後部を反転させます。
ハズした頭部を再び取り付け、バンパーを腕に取り付けます。

旧版とほぼ同じ、足の変形がなにげに凝ってます。





TFガム ガイアスクランブル (40)

ロボットモード

旧版を路襲してますが、やせ型だったのが、平均な体格に。
腕にあるバンパーはナックルガードの様で本体と相まったかっこよさに。

こちらもデッドエンド用のシールを使用。
ビークル時と違い元キャラのイメージをあまり再現してないオリジナルのデザイン。

ちなみに元の武器であるエア・コンプレッサーガンはありません。





TFガム ガイアスクランブル (41)

リアビュー










TFガム ガイアスクランブル (39)



ブレークダウンを優先した様な形状。
バイザーアイはデッドエンド成分ですね。







TFガム ガイアスクランブル (42)

可動

頭と腕と足が動きます。









TFガム ガイアスクランブル (43)

ブレークダウン


有能だが、自意識過剰である。
エンジンで他の機械を故障起こさせる。

スタントロンのナンバー2(選ばれ易い的な意味で)
上記で述べた様に「自意識過剰」で有名なTF。
最近では壊すの大好きでも有名だが・・・

ビークルモードはスーパーカー

紫、グレーから黒白のカラーリングに。やはり似てません
バンパーのパーツをリアウイングに組み替えて別車種。見事だぜ

シールはデッドエンドと同じ。





TFガム ガイアスクランブル (35)

デッドエンドと比較

う~む、型車が同じタイプなのが不満かもしれない。
普通に思えるブレークダウンもウイングの位置取りで少々違和感を感じてしまう。
デッドエンドはブッ壊しレース用に改造したと思えば面白いアレンジだな。




トランスフォ~ム!

変形は同じ(ry



TFガム ガイアスクランブル (44)

ロボットモード

フェアレディトリオを連想するかのようなオートボットなイメージに
シールは当然固有の物です。

ちなみに元の武器であるブラスターガンは無い







TFガム ガイアスクランブル (45)

リアビュー










TFガム ガイアスクランブル (46)

デッドエンド(ロボモード)と

・・・特に言う事が無いんだよな~。武器すらもなくて面白みもない
あえて言うならブレークダウンの方がかっこよくて好みだな。








TFガム ガイアスクランブル (48)

ドラッグストライプ

自己顕示欲が強く、勝利を好みで敗北よりも死を選ぶ。

数少ない6輪車、アニメイテッドで性転換したりと、その複雑な経歴ゆえに選ばれる事が極めて少ない。
スタントロンで一番苦労人じゃないでしょうか?

ビークルモードはレーシングカー

G1ではがタイレル・P34モチーフの6輪車だったのですが、ガイア版では4輪のF1風になってます。
と言うかフロントとリアウイングを無理やり付けたって感じかと。
まあ、彼も仕様の都合上ワイルドライダーと合わせるために泣々6輪車を諦めたんだろう。ぶっちゃけ誰選んでも似たような結果だろうけど

色は緑とグレーと何か違う。
シールはフロント、ミラー、リアウイングに使用。



それではドラッグストライプ、トランスフォーム!!(ギゴガゴゴ)





TFガム ガイアスクランブル (49)

変形

フロントとリアウイングを外します。
本体後部をスライドさせます。
外したフロントとリアウイング指定の位置に取り付けます。









TFガム ガイアスクランブル (50)

ロボットモード

元ネタとあまり似ておりませんが、スタイルは悪くない。
エアーボットみたいにチーム内のメンツとあまり変わり映えのないデザインですが、背負い物があるだけマシか?
なんだかキャノン付きみたいだけど。

シールは当然ドラッグストライプ用を使用。









TFガム ガイアスクランブル (52)

リアビュー









TFガム ガイアスクランブル (51)



ドラッグストライプとワイルドライダー、両者の共通点をとらえてますね。
バイザーアイになっている所がドラッグストライプ優先的な?











TFガム ガイアスクランブル (53)

可動

頭と腕と足が動きます。
足開きます。








TFガム ガイアスクランブル (54)

武器

盾?

ビークル時のウイングの部分
銃口らしき部分があるンで攻防一体なんでしょうね。
元ネタではビークルモードのリアにプラズマエネルギーブラスターと言うのを装備していたのでそれに当たるのかな?

ちなみにグラビトガンはない。







TFガム ガイアスクランブル (55)

ワイルドライダ-



乱暴な走りを好むが、逆に静けさを怖がっている。
機動力に優れ、周囲に事故をまき散らす。

役職が危なすぎる事で有名な人。
出る際は限定扱いされたり、出ても名前が変わられたりとなんだか安定しないなぁ。

ビークルモードはレーシングカー

G1ではフェラーリ・308と言うスーパーカーがモデルでした。
デッドエンド&ブレークダウンと違いフロント、リアウイングのパーツを組みかえる事で見事に差別化。
カーモデルのスタイルとしても良好

緑、グレーから紅白のカラーリングでヒーロー調に。本人的考えるとあまりうれしくないかも?
シールはドラッグストライプと同じですが、そのせいでカウンタック要素が強くなってる。
う~む、貼らない方がいいんじゃないだろうか。







TFガム ガイアスクランブル (47)

ドラッグストライプと比較

ここまで紹介した中でも一番別物度の高い差別化が図られてる。
複雑だけど6輪にしなかったのは正解だろうか。ふ~む










トランスフォ~ム!

同じなんで(ry



TFガム ガイアスクランブル (56)

ロボットモード

今度はカウンタックブラザーズを連想するかのようなオートボットイメージ。
ドラッグストライプと同じく背負ってます。

シールは当然固有の物。







TFガム ガイアスクランブル (57)

リアビュー










TFガム ガイアスクランブル (58)

武器

2連銃?

ビークル時のウイングの部分。
少なくともドラッグストライプよりはそれっぽいかと。

ちなみに元の武器である無差別銃は無い






TFガム ガイアスクランブル (59)

ドラッグストライプ(ロボモード)と

この状態だとデッドエンドと同じで特に言う事が無いんだが。
あえて言うならワィルドライダ-の方がかっこよくて好みだな。

・・・えぇ、同じ事言ってます。



最後はコンバットロンチームです。



TFガム ガイアスクランブル (61)

ボルター

ローターの風圧で全てを吹き飛ばす攻撃を得意とする。

TF初のヘリ

ビークルモードは軍用ヘリコプター。
G1ではカマンSH-2 シースプライト攻撃ヘリコプターと言うのがモチーフのだったのですが、仕様の都合でブレストオフに合わせる形になってますが、それを全く感じさせないんだよな。

長方形みたいな箱体形。
前部のカクカクした形状は玩具版に忠実ですね。アニメ版はクーペ状でしたけど
ヘリとしては頑張ってると思うんだが・・・ローター二枚、ランディングギアがなくいかんせん中途半端。

色は紫とグレー、元に似ませんがコンバットロンらしいミリタリー調で悪くない。

シールはガラス、後部の尾翼に使用。





TFガム ガイアスクランブル (62)

後ろ

ちなみに上の写真では取り外してましたが、機首の下に銃を取り付けられます。








TFガム ガイアスクランブル (37)

ケツイ風











それではボルター、トランスフォーム!!(ギゴガゴゴ)



TFガム ガイアスクランブル (63)

変形

尾翼とローターを外します。
前部を展開させ脚部にし、後部を展開させて腕部にします。
外した尾翼とローターを背中に取り付けます。

仕様のため、他に比べて最も組み換えが多くメンドイ。







TFガム ガイアスクランブル (65)

ロボットモード

ブレストオフ寄りな体形。足はボルターですね。
元には無い背面にあるウイングが特徴。
その見た目からアストロトレインと皮肉られてる。まあ、半場トリプルチェンジしてるんだし

こちらもボルター用のシールを使用。












TFガム ガイアスクランブル (66)

リアビュー

ローターがつっかえ棒











TFガム ガイアスクランブル (64)



ボルター似ですね。








TFガム ガイアスクランブル (67)

可動

腕部が動きます。
自立も厳しく先に述べたローターでの三点支持が前提となってる残念仕様。








TFガム ガイアスクランブル (68)

武器



ビークル時は機体の下部に取り付けます。

グルーガンだと思われるが・・・どうだろう?






TFガム ガイアスクランブル (69)

ブレストオフ

傲慢な性格で荒々しい口調で話し外宇宙を自由に飛ぶ能力を持つ。
自分の姿がかなり気に入らないらしく、ブサイクだと思いこんでしまってる。

軍事兵器のコンバットロンの中でもイロモノ扱いされてる人。スペースシャトルだから仕方ないよね♂

ビークルモードはスペースシャトル

紫、グレーから黒白のカラーリングに。
やはり似てません。ですがスペースシャトルとしてはナイスだと思います。
しかしこの大胆不敵とも言える差別化は脱帽物ですね。

シールはボルターと同じ。







TFガム ガイアスクランブル (70)

リアビュー











TFガム ガイアスクランブル (60)

ボルターと

これホントすごいは・・・
とても同じパーツの製品とは思えない。

しかし本当にアストロトレインみたいな色してるな。




では、トランスフォ~ム!

変形は同じ(ry



TFガム ガイアスクランブル (71)

ロボットモード

玩具版アストロトレインみたいなイメージに
ウイングが足の側面に移動してます。
そのためボルターと違い設置が安定しております。

シールは当然固有の物。










TFガム ガイアスクランブル (72)

リアビュー

ローターは展開された様な状態。


足の側面に銃があります。アイオニックブラスターかな?







TFガム ガイアスクランブル (73)

武器

ローターを手に持たせられます。


可動は割合。









TFガム ガイアスクランブル (74)

ボルター(ロボモード)と

ビークルモードは別物だったのにロボは普通。
こいつら逆なんじゃないな~。色がさ

それにしてもアストロトレインみたいな色だな。







TFガム ガイアスクランブル (76)

ブロウル

威張り屋で騒がしい。

後に単体で銀幕デビューした人。
デバステーターと呼ばれてしまったのは有名な話。


ビークルモードは戦車

G1ではレオパルト1がモデルでした。
ガイア版では後部に12連装ミサイルを内蔵したデザイン。

カラーリングと言い見事なマッチ感。
惜しむなら2連ソニックキャノンが無い事か。

シールはキャタピラ、ミサイルに使用。



それではブロウル、トランスフォーム!!(ギゴガゴゴ)



TFガム ガイアスクランブル (79)

変形

前部パーツを外します。
後部を展開させ脚部にし、ハズしたパーツを胴体に取り付けます。

簡単ですね。







TFガム ガイアスクランブル (80)

ロボットモード

元にかなり忠実なデザインですね。
ガイア版は少しく攻撃的でスタリッシュな体形。

こちらもブロウル用のシールを使用。










TFガム ガイアスクランブル (81)

リアビュー










TFガム ガイアスクランブル (82)



ブロウル寄りですね。
スインドルの部分が全然ない・・・









TFガム ガイアスクランブル (83)

可動

腕部のみ









TFガム ガイアスクランブル (84)

スィンドル

利己的でがめつい生粋の詐欺師。
ブラックマーケットを熟知しており望む物資を手に入れられる。

コンバットロンでは最も有名なキャラ。
G1で仲間のパーツを武器商人に売りつけたり、バイナルテックに出たり、アニメイテッドに出たり、挙句の果てには銀幕デビュー(一応)したりと。
基本どの作品でもごうつくばりを地で這ってますが、FOCでは男義を魅せてくれる一面もあります。


ビークルモードは装甲車。
G1ではF.M.C. XR311(T-004)のコンバットバギーがモチーフでした。
向きを変えて、パーツを付け変えて差別化ですが・・・無茶苦茶苦しい事になってます。
カバヤも泣きながらやったんだろうか?

紅白のカラーリングですが・・・似合わない。

シールは同じですが、スインドル専用としてタイヤを使用してます。







TFガム ガイアスクランブル (75)

ブロウルと

差別化ができてる割にイマイチこれじゃない!感が。スィンドルお前だよ

















TFガム ガイアスクランブル (77)

機銃の向きを変える事ができます。

ブロウルも砲塔を回転させる事が可能。上下は無理

なんで一緒にしたかと言うと個別の紹介が面倒だったから




トランスフォ~ム!

同じなんで(ry




TFガム ガイアスクランブル (86)

ロボットモード

どう見ても赤いブロウルです。勘違い乙で~す
胸パーツハズした方がマシじゃないかなぁ?

シールは当然固有の物。


















TFガム ガイアスクランブル (87)

リアビュー












TFガム ガイアスクランブル (88)

武器

機銃を持てます。

ジャイロガンかな?









TFガム ガイアスクランブル (89)

ブロウル(ロボモード)と

・・・スパリン版?(待て)









TFガム ガイアスクランブル (36)

ちなみに色変えキャラ同士パーツを付け変えて逆にする事も可能。
本来はこれがメインだったりしてね。









TFガム ガイアスクランブル (90)

なおエアーライダー(スカイダイブ)を除く上記の5体には合体用の腕部と脚部パーツが付属しており、同色にも対応しております。
ただ、内1名は無しと言う全スクランブルでありながら矛盾を抱えているのだが・・・



以上、ガイアスクランブル パートⅠでした。



次回パートⅡへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

レビューするすると言いつつ実質12体分なので今の今までズルズル引っ張ってきた感じですね

「ガイアスクランブルの構成メンバー」として見れば悪くは無いのですが
「G1スクランブル合体戦士のリメイク」として見るとどうしても無理矢理感が否めないんだよなぁ…
キャラクターを尊重するならばガイアガーディアンのように1チームづつ出していくべきだったと思う
そうすれば二人いらない子新キャラも生まれる訳ですし

貼る所の指示が無いエンブレムシールはG1玩具を参考に貼ったのですが
エンブレム2~3枚貼ってるのも珍しくなくどうしてもシール不足に陥ってしまいます
ちょっと前に某非正規シール屋さんがマイクロTFサイズのエンブレムシール出したけど合うかな?

ガイアスクランブルレス

すみません。コメントの返信が遅れてしまいました。

>さすりゅ~さん。
まったくもってその通りですよ。間違ってけした時は泣きたかったし

結論から言えば「割り切ってガイアとして見るか」、「我慢してでもG1として見るか」の2択になりますね。これ

シールは解りやすい位置にさえ貼ってればとれあえず一個でもいいかなぁ・・・と。
私は肩にばっか貼ってるからやや分かり辛いけど
プロフィール

ヌエベ

Author:ヌエベ
FC2ブログへようこそ!
ガンプラ、TFが好きなおじさんに見えない子供っぽい大人です。
それ以外にも好きなおもちゃがありますけど。
後は古いゲームが好みです。

リンクに関してはフリーです。
http://ikaruga482.blog133.fc2.com/です。
なお最後の(/)の部分が:に文字化けしてるのでコピーする時は注意してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR