TFジェネレーションズ  FALL OF CYBERTRON オートボット ホワール

今更言うのもアレだけど、春のアニメももう全部終わったか・・・
個人的には「デート・ア・ライブ」が好きだったけど、もう最初から二期作る気満々だったんだな。
さて夏の方は何が楽しめるのやら。



さて今回もTFより
「TFジェネレーションズ  FALL OF CYBERTRON オートボット ホワールです。

TFジェネ ホワール (37)

これまでに誰もヘリコプターがオートボット ホワールが単純に作るスタントをするのを見ませんでした。
彼は空気を通して簡単に体をよじります。そして、それらは多数のディセプティコンジェットの操作性、速度にほとんど匹敵します。
彼の派手なふるまいは、戦場で彼に目標を作ります、しかし、火がつくことはすべて仕事の一部です。
結局、ディセプテコンズが彼に集中するならば、彼らは、彼のチームメイトが襲ってきているのを見ません。

FOC版のホワールで、合体レッカーズのメンバーの一人で手足担当者その2
元ネタはG1のホワールですが、元々は「特装機兵ドルバック」のオペロンガゼットだったと言う経緯の方でもある。
劇中未登場のレッカーズ組の中ではロードバスターと共に定期的にリカラーで立体化されてますが、それでも知名度は低い方だけどね。



本品は海外版が2013年の6月頃?に海外で販売されました。
物は先に販売されたボルテックスのリデコ。





TFジェネ ホワール (4)

ビークルモード

サイバトロニアン・アサルト・チョッパーです。

つまりヘリコプターです。って言いたいのね(ぇ)
SF系でありながら、即ヘリコプターと言うのが分かるシルエットですね。
ローターがブレードの様で物騒な形状だったり、機銃も含めたコクピット周りが生物っぽくキツツキ?みたいなデザインだったりします。

ボルテックスと違い紺色とオレンジを中心に各所に水色のありカラーリング。
G1版はライトブルーとブルーが中心だったのですが、海外コミックだと普通にブルーだったりするんですよね。
でも個人的にはオベロンガゼットを意識してるんだと思う。まあ、それよりもオレンジの存在が謎だけど





TFジェネ ホワール (5)

リアビュー

ローターは手動で回せます。











TFジェネ ホワール (6)

大きさはこんな感じ

トマホークと並べると現代系と未来系の対比。
あれだな、怒首領蜂最大往生とケイツの図だ(分かりにくい)





それでは、ホワール!!トランスフォーム!!(ギゴガゴゴ)
 
 
 
TFジェネ ホワール (7) TFジェネ ホワール (8)

変形

前部を展開させ脚部にし、中央部を展開させ腕部にします。
腰を回転させ、後部パーツを後ろに倒し、顔を胸部に接続させます。

簡単な割にそれなりに凝ってます。








TFジェネ ホワール (9)

ロボットモード

シンプルでスマートなスタイルですね。
元のボルテックスが非常に再現度の低い奴でローターも本来背面にあるはずが腕回っているんですよね。
ただ、ローターに胴体、足がブッ太い以外は腕や脚の細さ、新造頭部によって元のイメージに少し近い感じかと。

リデコと言う事で顔が変わっており、カラーリングも紺、オレンジですが、今度はオレンジが主体になってますね。どうしてこうな(ry





TFジェネ ホワール (10)

リアビュー













TFジェネ ホワール (11)



G1のデザインに準じた独特の頭部。量産機の様なデザインですね。
目が赤ではなくなぜか水色なのが残念。

色違いが出てる中、実は元デザインの頭部が出たのはこれが初になるんですよね。







TFジェネ ホワール (12)

サイドビュー

出っ張りが邪魔だなぁ(ぁ)










TFジェネ ホワール (14)

可動

頭部、腕部、腰部、脚部が動きます。

多少クセのある構造ですが、基本的には良く動く方で、膝も何気にニ重構造になってます。
腕も肘がクリック機構になってますが、外れやすいのが難点だな。







TFジェネ ホワール (15)

正座も可能。

・・・異様な光景だな。










TFジェネ ホワール (16)

ワハー











TFジェネ ホワール (17)

武器

ブレード

ビークル時の着陸脚に付いていた剣。2本あります。
刃は軟質素材で良く分からないディテールがあります。

刀身全体に5mmジョイントがあります。穴の方はちと使いづらかった。












TFジェネ ホワール (18)

銃口の様なデザインにもなってるんでグリップを持ち替えて銃剣としても使用できます。
本当は銃じゃなくて突き刺し用だったりしてね。













TFジェネ ホワール (33)

更に持ち替えて逆さ持ちやブレードトンファーにしたりも

たしかメタリカトー使いだと言う設定が別の作品にあったから、これが一番似合うかも?












TFジェネ ホワール (2)

ビークルモードでは着陸脚に取り付ける事ができます。










TFジェネ ホワール (3)

ちなみに元になったボルテックスはゲーム版だとブースト使用時にはローターを畳んでウイングを展開した高速移動形態になれます。
これ他のキャれで言えば司令官やジャズが高速移動時にタイヤを展開するの同じ様なもんですが

と言うわけで無関係のホワールでもやってみた。
まあ、横にブレード差してそれっぽくしてるだけですが、益々鳥だな。









TFジェネ ホワール (21)

武器2

ガトリングキャノン?

新しく追加された武器
大きくゴツメで持ち方がショットガンっぽい感じ?
ただ、本体の腕の細さもあってアンバランスに。






TFジェネ ホワール (19)

ギミック

上部のレバーを押すと先端部が伸びます。
銃口も地味に回転しますが、ガトリングガンらしくて実に良いです。











TFジェネ ホワール (20)

銃身に5mmジョイントの穴があります。

剣を装備して強化するのだ!!















TFジェネ ホワール (1)

ビークルモードでは着陸脚に取り付ける事ができます。

コレ付けるとどれか一つは余剰になるのがネックですね。一応対策はありますけど












では、アクション




TFジェネ ホワール (26)














TFジェネ ホワール (25)





















TFジェネ ホワール (24)














TFジェネ ホワール (28)


















TFジェネ ホワール (23)

劇中的の絡みっぽく(こいつらは未登場だけど)












TFジェネ ホワール (13)

サイズ差

DXクラスで、標準的。











TFジェネ ホワール (31)

以上、FOC ホワールでした。

構造も変形も含めて全てがシンプルでした。
新しい武器も中々迫力がありますし、特にG1を再現した頭部は良かったですね。
反面カラーリングの無駄があまりにも多いのですが・・・
まあ、一応オベロンガゼットとして考えておけばそれなりに良いと思うし、個人的にはイマイチ同士とはいえボルテックスよりも似合ってるんじゃないかな?



最後にランク付け

変形:     B
可動:     A 
ギミック:   B
不満:     C
総合:     B
お気に入り:  A



ではまた


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

オベロンガゼットカラーのホワールってのもリベンジの頃やったんだよなぁ…
しかもカラーリングだけ見ればこっちの方がオベロンガゼットしてると言うか
因みに以前のプレゼント企画で外れて早数年、コレクションも倍以上に増えたものの
未だホワールVSブラジオンが手に入っていません!待っていれば何れ機会は訪れるさきっと…

そう言えばBotConにてジェネレーションズでボイジャークラスでホワールがリメイクされるって発表されたらしいですね
画像はまだ出てないけど完全新規なら出来るだけG1に近付けて欲しいなぁ
例の如くIDW準拠のデザインになるんだろうけど。元が他者製品だから版権的な問題もあるだろうしね
ttp://www.badhaven.com/wp-content/uploads/2012/10/MTMTE10-Whirl-600x457.jpg
しかしホワールと言うよりアニメイテッドショックウェーブっぽいデザインだ

ホワールレス

>さすりゅ~さんコメントありがとうございます。
新規デザインの方でも出るんですね。楽しみだな

個人的にはギャプランっぽいと思いましたが・・・
プロフィール

ヌエベ

Author:ヌエベ
FC2ブログへようこそ!
ガンプラ、TFが好きなおじさんに見えない子供っぽい大人です。
それ以外にも好きなおもちゃがありますけど。
後は古いゲームが好みです。

リンクに関してはフリーです。
http://ikaruga482.blog133.fc2.com/です。
なお最後の(/)の部分が:に文字化けしてるのでコピーする時は注意してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR