TFBWⅡ 新破壊大帝 ガルバトロン

これが今年最後の更新になります。

最後を飾るのはこの方。

TFより
「TFBWⅡ 新破壊大帝 ガルバトロンです。

BWⅡ ガルバトロン (24)



おのれライオコンボイ!よくも我が弟を殺してくれたな!



ガルバトロンはデストロン機甲部隊のリーダーにして破壊大帝。
強大な力と他を圧倒する迫力、威厳、カリスマ性による高い統率力を誇る一方で、基本的に冷静沈着で思慮深く謀略にも長けると歴代の破壊大帝の中でも相当な実力を備えた不動の最高権力者。
「圧倒的な力による恒久和平」の実現を目標としているかなりの野心家だが、厳しいながらも兄弟愛は深く、部下思いという意外な一面を持つが、弟のメガストーム曰く昔からオイル癖が悪く、酔うと暴れ出すと言う一面がある(これライオコンボイと同じ)

セカンドの大ボス、ガル兄ちゃんです。
序盤は遺跡からドラゴンとドリルタンクのデータをスキャンした事で驚異の三段変形が可能となったトリプルチェンジャーになりましたが、代償として寝太郎になりました。
まあ、起きた後もしばらく不安定状態でしたが、後半で完全復活を果たし、 終盤は人工惑星ネメシスでライオコンボイ、ライオジュニアと激闘を繰り広げて敗れ去りましたが、続編のネオでユニクロンとして復活するんですよね。ブレントロンのCMや当時のコミックボンボンでネタばれされてたけど・・・

なお漫画版では基本的に同じ立ち位置ですが、ライオコンボイの邪悪な部分を引き出そうとしたり、アンゴルモアエネルギーをネメシスに集積して爆破、第二次ビッグバンを起こそうとしてました。
一番の違いは完全に死滅した事だけどね。よってユニクロンも別人



声の担当者は小村哲生さん。
SDガンダムフォースの東方不敗・爆覇丸、交響詩篇エウレカセブンのユルゲンス、SDガンダム三国伝 Brave Battle Warriorsの盧植ジムキャノン&董卓ザクなどを担当している。



本品は1998年の4月に販売されました。
ライオコンボイと共に急造品として作られ、日本国内のみの販売となっており、それを証明するかのように足の裏側の刻印には「タカラ」と「葦プロ」としか表記されておりませんが・・・一応アメリカでも販売されたらしい。
また単品以外にライオコンボイとの対決セット版、地上最大の対決も販売されました。



BWⅡ ガルバトロン (1)

ビークルモード
ドリルタンクです。

もうデザインからしてそうですが、なんとも凶悪で迫力満点です。
所々にあるドラゴン形態時の部分が禍々しさ引き立ててくれてますね。
やはり一番目を引く所はデカデカとしたドリル!これに漢を見ない人はいないはず!!

しかしこれメタルスを先取りしてる様な気が?




BWⅡ ガルバトロン (3)

後ろ










BWⅡ ガルバトロン (2)

ギミック1

黒いレバーを押す事でドリルが回転します。
押した分だけ回る仕様になってます。

設定ではドリルを高速回転させて突撃するドリルデストロイヤーと言う見たいです。




BWⅡ ガルバトロン (5)

キャタピラ付近にはシークレットエンブレムがあり、温めるとプレダコンマークが浮かび上がってきます。
夏だと簡単に出せるのですが・・・冬は難しいね。








BWⅡ ガルバトロン (4)

大きさはこのくらい










BWⅡ ガルバトロン (7)

ビーストモード

ドラゴンです。

変形はキャタピラ部を展開し、中にあるビースト時の足を引き出し、ドリルを左右に開きます。

ガルバトロンを象徴する姿。というかこの人の戦闘形態みたいなもん
G1のデスザラスの様な機械龍のデザインですが、さすがにビースト時代だけあって、それなりの生物らしさがあります。
おまけに第三形態の割に破錠らしい部分が見当たらずこれを前提にしたんじゃないかと思うくらいです。

それにしてもなんてかっこいいデザインでしょうか。恐らくこれを買った人の大半はこの姿に惚れた事に間違いないはず
実際私もこれに惚れて買ったわけで、個人的にメタルスのドラゴンメガトロンよりもすきだったりします。

ちなみに漫画版ではアンゴルモアエネルギーを利用して作られた生物兵器であると書かれてました。





BWⅡ ガルバトロン (8)

後ろ

羽の位置が惜しむ所ですかね?









BWⅡ ガルバトロン (12)

口がお開きします。

よく口からアンゴルモアファイヤーを吐いてましたね。それはユニクロンになっても変わらずであった










BWⅡ ガルバトロン (9)

頭部、手足、翅が動きます。

首の関節の一つ一つがボールジョイントになっていてフレキシブルです。
手は上下に動く程度で足は後述のロボット形態とほぼ同じ動きになりますね。

数あるTFの中でもドラゴン形態時でこれでもかってくらいに可動する奴はこいつぐらいだと思う。






BWⅡ ガルバトロン (10)

ライオコンボイと対決!!

劇中比率的にはロボマス版が丁度良いくらいなんですよね。
まあ、でっかい方でも大きさの概念無視ればいいんだけどな。






BWⅡ ガルバトロン (6)

クリーチャーモード

まあ、見ての通りの姿で、漫画版が披露した姿です。
本編以外のカラーページでもやっちゃってますが・・・今だにライオン丸が忘れられないんだよな~。








BWⅡ ガルバトロン (14)

俺変形ジェットモード









では、ガルバトロン!トランスフォーム!!
 

 
BWⅡ ガルバトロン (13) BWⅡ ガルバトロン (15)

変形

キャタピラ部を展開させ脚部にします。
後部を展開させ腕部にします。
腰を回転させ、ドリルとウイング部を後方に倒し、胴体内部に収納されている頭部を取り出します。

久しぶりに弄ったら結構複雑でしたが、取り説無しでもなんとかなりました。


 

BWⅡ ガルバトロン (16)

ロボットモード

大ボスらしい風貌ですね。このガル様もかっこいいのぉ・・・
スタイルは足の位置が前面寄りな所以外は良い感じで、劇中再現度も悪くありませんし
胸部のクリスタルはガラス玉で再現されてます。







BWⅡ ガルバトロン (17)

リアビュー

劇中だとこのウイングに当たる部分はマントみたいなデザインになってたんですよね。







 
BWⅡ ガルバトロン (19)

顔アップ

悪党らしい顔つきで、多分チバトロン以上に強面だと思う。
でも顔のに似合わず良い人なんだぜぇ。

よく顔がでかいとか言われてますが・・・ビーストウォーズのウルトラサイズってみんなこんな感じだったと思うんだけど?





BWⅡ ガルバトロン (21)

可動
頭部、腕部、腰部、脚部が動きます。
頭部があまり動かない以外は各部にクリック機構が使われ非常に安定感があります。
またポーズを付けてもドリルがつっかえ棒状態になっていて設置性も良いのですが・・・逆にこれがないと悪いんですよね。
後、手首も動きますが、堅い。






BWⅡ ガルバトロン (22)

胡坐もかけるぞ~。












BWⅡ ガルバトロン (27)

武器1

ガルバアックス

両肘に装備された片手斧。
独特デザインですね。

ミサイルとして使う事もでき、アックスミサイルと言う名称で呼ばれてる様です。








BWⅡ ガルバトロン (25)

袖の部分を展開してアタックモードにできます。











BWⅡ ガルバトロン (26)

ギミック2

赤いレバーを押すとガルバアックスを発射します。









BWⅡ ガルバトロン (30)

武器2

シザーハンド

背中にあのウイングを取り外した物
鉈状のデザインでサイズも大きくハッタリが効います。

実はこれ玩具オリジナル扱いになってます。





BWⅡ ガルバトロン (31)

ギミック3

黒いレバーを引くとハサミが可動します。







BWⅡ ガルバトロン (33)

シザーハンドは背中に装備したままでも展開できます。
これたしか箱に書いてあったはずですが・・・









BWⅡ ガルバトロン (23)

武器3

ガルバトリング砲

両膝にあるガトリングキャノン







では、アクション




BWⅡ ガルバトロン (28)














BWⅡ ガルバトロン (29) a






















BWⅡ ガルバトロン (32)















BWⅡ ガルバトロン (20)

サイズ差

とりあえずサンダートロンと並べましたがボイジャークラスより少し上なくらいですね。









BWⅡ ガルバトロン (35)

さあ、対決だ!

とりあえずサンダートロンのバイオにあった彼の世界の破壊を引き起こした復讐の相手と言う設定。









BWⅡ ガルバトロン (34)

ガイアユニクロンと

あ~なんかすごい丁度良いくらいですね。本当はユニクロンの方がでかいんだけどさ
しかしレオプライムと言いムーンと言いAMシリーズ自体がやたらと和製ネタを引っ張ってくるな~。










BWⅡ ガルバトロン (11)

以上、ガルバトロンでした。
豊富なギミックに変形も面白く、中でもドラゴンモードの大胆な変形パターンやかっこ良いデザインなんか素晴らしい!
全体的に非常にプレイバリューが高くてとても急造品とは思えないくらいのデキです。
ボスクラスでこれだけ良品にも関わらず結構安価で入手できますが、今はどうなんだろう?



最後にランク付け

変形:     A
可動:     A 
ギミック:   A
不満:     D
総合:     A
お気に入り:  S



では、来年も良いお年を。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

久々にコメントさせていただきます。
辰年の締めくくりにガルバトロン様とは流石。
ドラゴンにドリルと男の子が好きそうなモチーフが揃っており、
初期パンフレットの試作品写真にワクテカしたものです。
クリーチャーモード、ありましたねえ。
俺変形ジェットモードはカッコいいです。

当時はやたら大きい玩具に思えたのですが、今見るとそうでもないのか~なんて思ってしまいます。

今年も色々とお世話になりました、来年もよろしくお願いします。
では良いお年を

No title

 ガリューンに続きガル様。おみごとな辰年の〆です。
 うちもガリューン紹介しようと思ったんですけれど、どうもビークルモードのパーツの合いが悪くて四苦八苦……

 ガル様、かっこいい上にギミック満載とか力入ってますね。やはりBWⅡに合わせての新造製品だからでしょうか。

 気付けばユナイテッドEXといいAMシリーズといい、和製TFネタに事欠かない年でした。
 まさかザ☆ヘッドマスターズ25周年だから?(フォートレスも今度復刻されますし)

ガルバトロンレス

みなさんコメントありがとうございます。

>れっどあらあとさん
元々シメはこの人にしようと決めてました。

ドラゴンとドリルという組み合わせはステキ過ぎです。

こちらこそ、来年もよろしくお願いします。

>Ichiさん
実際は記事に書いてある通り急造品と言われてますけど・・・

そういえば今年は和製TFが多かったけど、ユナイテッドEXは途中からハードル高過ぎです。

No title

多段変形史に残る傑作と思います。ドリルタンク時の尾のガルバアックスには想像を掻き立てられました。自分でも新たな遊び方を考えて楽しんでいます。

レス2

>紅澪斗燭鍍さんコメントありがとううございます。
それと遅れて申し訳ありませんでした。

たしかに傑作ですよね~。これ
何気にドリルタンクのデザインが無機質系の割に生物的に見えるのがビーストならではってとこですね。
プロフィール

ヌエベ

Author:ヌエベ
FC2ブログへようこそ!
ガンプラ、TFが好きなおじさんに見えない子供っぽい大人です。
それ以外にも好きなおもちゃがありますけど。
後は古いゲームが好みです。

リンクに関してはフリーです。
http://ikaruga482.blog133.fc2.com/です。
なお最後の(/)の部分が:に文字化けしてるのでコピーする時は注意してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR