スーパーロボット超合金 アルトアイゼン

今日はクリスマスイブだ!
各地で激しい玩具戦争が勃発するけど・・・さてどうしたもんかねぇ。



さて今回は合金物より
「スーパーロボット超合金 アルトアイゼンです。

スパ合金 アルトアイゼン (19)



うっ、バリアか、目がチカチカするな。


アルトアイゼンは「絶対的な火力をもって正面突破を可能にする機体」という開発コンセプトの元、ゲシュペンスト試作3号機に極端な改造を加えて完成した重PT。
開発担当者マリオン・ラドム博士の意向で、EOTは一切使われおらず、 本機の武装は全て固定兵装となっており、武装は実体弾・実体剣(角と杭)のみで構成されている。
重量のある装備を多数搭載したため機動性能の低さが欠点に上げられたが、大推力バーニア・スラスターを装備させることで半ば強引にこれを解決、通常推進器に加えて宇宙空間での別途加速のためのアフターバーナーや過給器まで搭載されている。
また、ダッシュ力を重視した高出力のエンジンを搭載し「可能な限り遠くの敵機の懐に飛び込み、必殺の一撃を撃ち込んだ後、急速離脱する」という戦法を実現した。
それ故耐久性能の向上が求められた結果、過剰とも言える重装甲化が推し進められ、対ビームコーティングまでもが施された。
そして、その増加重量分をさらにバーニア・スラスターを増設し補う、等の改造を重ねた結果、近接戦闘能力・突破力・装甲防御力に優れたPTが誕生したが、 それ以外の運用が極めて困難となってしまい、運動性を始めとして機体バランスが著しく損なわれた操縦し辛い機体である。
正式採用名は「ゲシュペンストMk-III」だが、次期主力候補になれなかった結果、試作段階でのコードネームであった「アルトアイゼン」(古い鉄)がそのまま正式名称となった。
パイロットはキョウスケ・ナンブ

スパロボシリーズに出るオリジナルロボットの内の一体で、初出は「スーパーロボット大戦COMPACT2 第1部 地上激動編&第3部 銀河決戦編」。
当時は中途半端な役立たず機でしたが、リメイクの「スーパーロボット大戦IMPACT」で大化けしOGシリーズで主役機になるまでに出世しました。
ちなみに色違いのナハトやスピンオフの無限のフロンティアのアルトアイゼン・ナハトと言うのもいます。
スーパーロボット超合金はバンダイが販売する新しい合金シリーズで合体や変形をオミットする代わりに造形とアクション重視に特化させた製品。まあ、その仕様のせいで賛否が分かれたりしてますが・・・
ちなみにこのシリーズ、マジンガーやライディーンと言ったオーソドックスな奴以外にデカレンジャーやダイ・ガード、ガオガイガーなど戦隊系や勇者シリーズとやたらと幅の広い展開ぶりです。



本品は2010年に販売されました。
後に再販されました。



スパ合金 アルトアイゼン (1)

つう事でアルトさんです。

元がゲシュペンストと言い事で要所にそれらしい部分が残ってますが、腕の武装、足や肩がでかさ、角が追加されたりと随分シルエットが変わってます。
無骨でかっこいいね。色も赤白とこの季節にやけに似合うな
アニメ版を重視してるのか骨太だったゲーム設定画に比べてややスリムになってる気がしますが・・・アニメの方はバリッてるからしかたねぇけど。





スパ合金 アルトアイゼン (2)

リアビュー

塗装精度は良好ですね。
合金物と言う事で触った時はおめぇなぁ~と思いズッシリ感も良い感じでした。
ただ、合金物とは言え比率的にはプラ素材が多い方なので、合金物にしてはどうよって言う人もいるけど・・・









スパ合金 アルトアイゼン (4)



見た目がゲシュペンストの頭部に角を一本追加して三本になりましたと言った感じです。かっこいいぜ!
そのためカブトムシ野郎と言われた事が(笑)

なおオデコの角はアンテナではなくヒートホーン(武器1)と言う加熱式の実体刃。
本来は腕が壊れた時などに使う緊急時に使用されるべき武器で実際アニメ版でも後半アクセルが駆るアシュセイヴァーとの戦いでボコボコにされた状態で使用しました。結局阻止されけど・・・






スパ合金 アルトアイゼン (13)

このシリーズに大抵付属されているエフェクトパーツがあります。

それがこのヒートホーン用のエフェクトパーツです。
上記で述べたように攻撃時に使うので赤熱化させた状態を再現するために燃え上がってる様な状態になってます。
ハッキリ言うとここまで燃えませんが、ハッタリが効いてて良い感じですね。

ただ角がシャープなデザインな上にプラ製なんで取り外しの時に破損に注意した方がいいです。







スパ合金 アルトアイゼン (5)

可動
頭部、腕部、腰部、脚部が動きます。

見た目のクセしてものすごく動きます。おまけに設置性もグンバツもんです。
場所によっては干渉する部分もありますが、その対処法として一部の関節が引き出し式の構造になっています。
アルトアイゼン自体は元々立体化を意識してデザインだったため、限定品やクソキットのコトブキヤとかでもロクに動かせない仕様でしたが・・・さすがにこれはすごすぎだわ。

でも一番思った事は合金フィギュアのクセしてここまでやっちゃっていいのかよと。





スパ合金 アルトアイゼン (6)

背部のバーニア等もグリグリ動かせ、ブースターも展開させられます。
この裏側に対しても手を抜かない所は如何にキッチリしてると言うかが良く分かる物ですね。









スパ合金 アルトアイゼン (7)

武器2

三連マシンキャノン

左腕に装備された実体弾機関砲。
アルトの貴重な遠距離武装ですが、キョウスケさんが射撃苦手なので単体時での印象が薄くよく切り札の時の足止めに使ってますね。

一応スプリットミサイルと言うのもあるけど・・・いいや。面どいし










スパ合金 アルトアイゼン (9)

武器4

リボルビング・ステーク

右腕に装備された杭打ち機(いわゆるパイルバンカー)。
根元にリボルバーのような回転式薬室があり、装薬数は6発。突進の勢いでステーク(杭)を突き立てた後、実包の炸薬を撃発させてステークを撃ち出し標的を破壊する。

アルトを象徴する武器の一つでキョウスケさんもこの武器を好んで使ってますからね。

杭の部分が金属製のパーツですごくリアリティー
でもブレードと相まって刺さると痛い。



スパ合金 アルトアイゼン (10)

リボルバーのシリンダー部を展開させる事ができ劇中でのリロード時を再現できます。











スパ合金 アルトアイゼン (12)

ヒートホーン以外にステークにもエフェクトパーツが付属されております。何か燃えてる様に見えますが・・・
所でこの形状、ビルダーパーツのバーニアエフェクトに似てねぇ?










スパ合金 アルトアイゼン (8)

武器4

スクエア・クレイモア

通称「近距離指向性・近接戦闘用炸裂弾M180A3」。
両肩に装備されている特殊武器で両肩に2発ずつ計4発装填されるクレイモア地雷を大型化したもので、チタン合金製・平均直径120mmの炸裂鋼球弾を大量に発射し、目標を粉砕する。

アルトの象徴ともいえる武器その2
と言っても危なさの塊みたいだから余り使われてない印象でしたが・・・

両肩のハッチを展開する事で、再現します。
このシャッター部分、物によっては独自の解釈で処理されることがあるみたいで、スパロボ合金版は上部のハッチを引き出す形になってます。





スパ合金 アルトアイゼン (14)

交換用の平手パーツも付属












スパ合金 アルトアイゼン (11)

スタンド取り付け用パーツ

魂Stageの支柱に接続するための物で突進するポーズを再現して飾られる様になります。
正直合金部が少なめのこのシリーズとはいえスタンドを使う事事態が非常に危ない気がするのですが・・・

ちなみに説明書には魂ステージAct5を使用と書いてあります。使わないけどね






スパ合金 アルトアイゼン (15)

折角なので武器を持たせてみた。

勿論持ててませんけど・・・







では、アクション



スパ合金 アルトアイゼン (16)

射撃は苦手だが、四の五の言ってられないか。










スパ合金 アルトアイゼン (17) a

一発一発がチタン製の特注品だ。受け取れ!













スパ合金 アルトアイゼン (21)

伊達や酔狂でこんな頭をしてるわけじゃない。










スパ合金 アルトアイゼン (22)

どんな装甲でも、打ち貫くのみ!










スパ合金 アルトアイゼン (23)












スパ合金 アルトアイゼン (24)













スパ合金 アルトアイゼン (25)

この勝負、俺の勝ちだ。











スパ合金 アルトアイゼン (3)

サイズ差

TFのDXクラスと互角
このシリーズ自体は14センチを基準にしてるみたいですが、これでか過ぎる奴ほど不満が出るんだろうな~。ダイターンとかバルディオス、ガンバスター辺り何かその辺の被害をもろに受けるだろうよ。

ちなみにアルトは設定だと22.2 mです。






スパ合金 アルトアイゼン (26)

KOSーMOSと

この二人はモノリスソフトが作ったスピオンオフ作品「スパロボOGサーガ 無限のフロンティア」で共演を果たしました。
といっても本来はアルトアイゼン・ナハトと言う奴なんだが・・・そっちの方が出るとは思えないからね。
まあ、上記のとおりサイズ的には同じですが、ムゲフロの方でも大体こんな感じなので特に違和感は感じません。
と言っても本当ならもう少し大きい方が・・・いいのかな?






スパ合金 アルトアイゼン (27)

さあ、戦いだ!

最初は敵同士でしたが、ムゲフロのアルトは序盤で一番苦戦したなぁ・・・常時熱血使うんだもん。










スパ合金 アルトアイゼン (28) a

そして共に闘う仲間となった。

まあ、援護攻撃するだけですが、ムゲフロ時は使いにくかった。続編で大化けしたけど













スパ合金 アルトアイゼン (18)

最後はロボ大戦COMPACT2風ポーズで



以上、スパロボ合金アルトアイゼンでした。
初のスパロボ合金ですが、これやばいは、造形、可動、重量感の三拍子が素晴らし過ぎる。
オミットされてると言う事で一部のキャラによっては不満も出てくるかと思いますが、こうゆう非変形や合体物じゃないタイプにはまさにうってつけですし、この製品レベルならものすごくお勧めできます。
個人的にアルト自体は販売当時すごく欲しかったにもかかわらず結局スルーして公開しただけに某中古店でようやく手に入れられてすごくうれしかったもんですよ。でもまだ相方が・・・



最後にランク付け

変形:     (━)
可動:     S 
付属:     B
不満:     D
総合:     A
お気に入り:  S



ではまた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アルトはOGシリーズの中でもトップクラスに好きな機体なので、出来が良いのはありがたいですよね~。初登場作品で使い物にならないと聞いた時はショックだったなぁ・・・。

エフェクトパーツも充実してますし、下半身がダイキャストなので重量もズシッとして心地良いですよね~。ダイキャスト製のステークも雰囲気が出ていて非常にカッコいいと思います。

後継機のリーゼも発売してほしいですが、リカラーであるナハトも買っておけばよかったなぁ・・・。

スパロボ合金 アルトレス

>KENさんコメントありがとうございます。
アルトはなんというかやけ贔屓されてねぇ?ってくらい化けてくれましたよ。勿論私も好きでしたからこれはこれでうれしいけど・・・

合金率低い割にズッシリ感がほど良い感じですよね。

ムゲフロ版ナハトも出てくれたらよかったんだけどなぁ。
プロフィール

ヌエベ

Author:ヌエベ
FC2ブログへようこそ!
ガンプラ、TFが好きなおじさんに見えない子供っぽい大人です。
それ以外にも好きなおもちゃがありますけど。
後は古いゲームが好みです。

リンクに関してはフリーです。
http://ikaruga482.blog133.fc2.com/です。
なお最後の(/)の部分が:に文字化けしてるのでコピーする時は注意してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR