TFスーパーリンク ビルドロン パートⅢ 合体編

プライムやMPで忙しそうだけど
家の方はビルドロンのラストだ!!




今回もTFより
「TFスーパーリンク ビルドロン パートⅢ 合体編です。

DSCN8077.jpg



「オメガコンボイよ!真の合体戦士とは我らのことだ!!」




ビルドロンはスーパーエネルゴンの泉でブルーティカス、スペリオンと共にスーパーエネルゴンを守るように眠っていた古代のデストロン戦士。
ガルバトロンの手により復活されブルーティカスと共に彼の配下となる。
粗野な性格でスペリオン兄弟とは浅からぬ因縁関係にある。
5体の建設車輌に分離でき、それぞれスカベンジャー、スクラッパー、グレン、ボーンクラッシャー、ロングハウルにトランスフォームする。
原作最終話で因縁の相手であるスペリオンと戦い、その命を落とす。

5体で合体する色々と問題児なSL版ですが、それでも人気あるんですよね。
なんだかんだ言ってみんなビルドロンが好きなのよ。



声の担当者は飛田展男さん
Zガンダムのカミーユ・ビダン、Gガンダムのウルベ・イシカワなどを担当する。



本品は2005年にトイザラス店舗限定で「EX-01ビルドロン」としてセット販売されました。
海外では単品販売しかされてないのでセット版は不明。
後にリカラーされ海外のクラシックシリーズでセット版のコンストラクティコン・デバステイターとして販売されます



パートⅢでは合体した姿ビルドロンを紹介します。




DSCN8005.jpg

「いくぞ,建設!合体!GO!ビルドロ~ン!!(違)」









DSCN8064.jpg

まずスカベンジャーをロボットモードに変形させます。
キャタピラ部のジョイントを外して左右の腕を胴体部のジョイントに接続させます。
右肩にあるパーツを中心部に移動させカバーを開きます。
足のジョイントを膝まで移動させます。

胴体部はこれで完成です。




DSCN8062.jpg

続いてスクラッパーとボーンクラッシャーをそれぞれ腕部、脚部に変形させます。









DSCN8063.jpg

ロングハウル、グレンも同様に腕部、脚部に変形させます。








DSCN8065.jpg

最後に手足に変形した4体をスカベンジャーに取りつけます。
画像のスカベンジャーにあるクリアーブルーのジョイントパーツを手足側にある穴にはめ込みます。








DSCN8074.jpg

「合体!!スーパーリンク!ビルドロン!!」








DSCN8069.jpg

ガッチリ体形かつスマートな現代形でかっこいいぜ!
左肩のバケットが肩アーマー状になってるのもギリシャの戦士的な感じですね~。
色合いがやたらとカラフルでこの辺が賛否の分かれ目ですね~。同僚のブルーティカスもカラフルですが、こいつの場合は元が元だけに仕方ないよね♂

なおスクランブル戦士と言う事で手足を自由に入れ替えられます。
劇中でもこの機能を駆使した戦いを展開してましたね。

この形態はバランス型と言うタイプで手足がそれぞれ左右非対称になっております。
よくよく考えるとG1時代も非対称だったのであまり違和感を感じませんね。



DSCN8070.jpg

リアビュー









DSCN8066.jpg



ゴーグルアイである事以外はG1の面影をまったく感じないデザインですが、かっこいい事には変わらないデザインです。
如いて言えばG1が40代のオッサン的なのにたいしてこっちはもうすぐ三十路ってとこかな?結局おっさんじゃねえかよ。







DSCN8073.jpg

可動

頭部、腕部、腰部、脚部が動きます。

頭部は後頭部のカバーが干渉して右に向け辛く左の場合も肩アーマーが邪魔して位置によっては顔が見えにくいです。
腕部は通常だと上下に上げたり横に広げるくらいですが、ロックを外す事で曲げたりする事も可能になります。
脚部は平常通りと言った所です。

合体兵士でありながらすごい可動範囲です。更にジョイント接合部がクリック可動になっているので安定性もあります。一部がやたらと堅かったけど・・・

問題は重量のせいで派手に動かせない事ですね。これは仕方がないさ
ただそれ以上にやばいのは接合部や足にクリアーパーツ使用してる事ですね。
寄りによって一番テンションが掛かる場所に使用するなんて・・・






DSCN8078.jpg

なんとハイキックも可能です。










DSCN8075.jpg

武器ってわけじゃないですけど、エネルゴンウェポンがそのまま手になっております。









DSCN8080.jpg

パワーモード

腕部をロングハウル、グレン。
脚部をスクラッパー、ボーンクラッシャーで構成した状態

腕が貧弱気味に見えますが、肩のクレーンでカバーしてるんでしょう。

足が太いのであまり動かせないのがネックですね。ついでにバランスも悪い





DSCN8082.jpg

こちらはスピードモード

腕部をスクラッパー、ボーンクラッシャー。
脚部をロングハウル、グレンで構成した状態

上半身マッシブでアメリカンヒーロー的なスタイル。こっちの方がパワーっぽい気がしますが・・・

パワー形態と対照的に腕の動きが狭くなりますが、個人的にこの形態が一番好きです。



では、アクション



DSCN8079.jpg












DSCN8081.jpg












DSCN8083.jpg













DSCN8084.jpg

無限!クレ~ン!!

そこまで伸びません。










DSCN8086.jpg

飛翔廃金拳

厨二乙








DSCN8076.jpg

サイズ差

大体リーダーサイズくらいと言ったとこです。

ちなみに箱にはオメガコンボイをライバル視してる様な言いましでしたが、確実に負けてます。






DSCN8068.jpg

以上、ビルドロンでした。
合体した状態にもかかわらずものすごい高い可動率であり、ボリュームも迫力共に満点。
更に手足を入れ替えて好きな形に変えられる事もでき非常にプレイバリューが高いです。
ある意味複数合体戦士で最も高い安定度をもった完成形ですね。

とりあえず一番の文句は・・・ビルドロンとしてはどうよ?ってとこかな。



最後にランク付け

変形:    B+
可動:    A+ 
ギミック:  A+
不満:    D
総合:    A
お気に入り: S+





ではまた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分は変形!ヘンケイ!の辺りからドップリTFの世界に浸かり始めたのですが
某所のレビューで見たClassicsのデバステーターが欲しかったものの当時から海外物の敷居が高くて
だいぶ高かったけど日本版のビルドロンを買った思い出があります。未だに入手を諦めてないけど…

スカベンジャーのショベルの処理が面白いけどグレン/ロングハウルが腕でないと干渉しますね
スクラッパー/ボーンクラッシャーのバケット部分が丁度スッポリ嵌るのには感心しましたが動かしやすさとは別の話ですし

G1ビルドロンのメンバーのカラーリングが統一されてたのもあってスパリンスクランブル合体戦士では一番カラーリングの変更が大きいですよね
ブルーティカスのボルターとかスペリオンのスカイダイブとか他チームでも元キャラと色が違うのはありましたが…
Classicsデバステーターのスカベンジャー、ボーンクラッシャー、ロングハウルとスパリンのスクラッパーとグレンを合体させれば一応全員が緑系のデバスターが出来ると思う。いつかやってみたいなぁ

No title

マイ伝でデバスターという名前が出ていたということもあってビルドロンという名前になってしまったのは少々残念ですが、手足を入れ替え可能な上に可動率も高く、さらにスタイルもカッコいいので非常に素晴らしい玩具ですね~。
しかもクリック式の関節なのでヘタれ知らずか・・・。

エネルゴンウェポンが手になるというアイディアも面白いですし、プレイバリューもめちゃくちゃ高いので、持ってない身としては一度遊んでみたいですね~。
でも今だと高いのがネック・・・。

ビルドロンレス

みなさんコメントありがとうございます。

>さすりゅ~さん
その辺を考えると結局バランス型が一番いいのか~。

みんなよほどカラフルなビルドロンがお気に召さなかったのか・・・まったく悪いと言うわけでもないんだけどな~。
もしそれができるとしたらヘケヘケが展開されてた頃までか・・・あの時代でも高沸してましたけど、今ほど買いにくい状況にはなってないえすからね。

>KENさん
なんで日本はマイ伝でデバスターの名を使ったんだろうか・・・

スパリンの5体合体戦士は数ある合体戦士の中でも総合面においてトップクラスのデキですからね~。
プロフィール

ヌエベ

Author:ヌエベ
FC2ブログへようこそ!
ガンプラ、TFが好きなおじさんに見えない子供っぽい大人です。
それ以外にも好きなおもちゃがありますけど。
後は古いゲームが好みです。

リンクに関してはフリーです。
http://ikaruga482.blog133.fc2.com/です。
なお最後の(/)の部分が:に文字化けしてるのでコピーする時は注意してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR