DXウェブナイトシリーズ グラディオン パートⅡ ゲーム編

はいはいパートⅡね。



さて今回も
「DXウェブナイトシリーズ グラディオンです。

DSCN3826.jpg







「テレビを見る時は
 部屋を明るくして
 離れてみてくれ」

               グラディオンより
前回のパートⅠでは本体の紹介でしたが、パートⅡでは内蔵されているゲーム機能の紹介をします。




DSCN3768.jpg

グラディオン本体の腰部背面にケーブル差込口がありそこにケーブルを接続し、テレビに接続し、電源ボタンを入れるとゲームスタート!







DSCN3766.jpg

ボタンの配置は画像の様になっております。

茶:決定ボタン
緑:コントロール
赤:主電源
紫:ケーブル接続部





DSCN3779.jpg

ゲーム画面はOPのゲーム製作会社のロゴが現れた後、以下の様に変形ムービーが流れます。

こちらはビークルモードからファイターモードになるパターン

今回使ってるテレビは家にある古い奴で地デジに移行する前に撮りました。今のテレビは確か使えないみたいですね。







DSCN3780.jpg












DSCN3783.jpg














DSCN3809.jpg

















DSCN3810.jpg














DSCN3785.jpg














DSCN3811.jpg















DSCN3813.jpg














DSCN3786.jpg
















DSCN3803.jpg

グラディオンの体には画像の様に黄色いスイッチあり、これで変形時の形態を認識します。
このスイッチが押されてるか否かでゲーム中のグラディオンも同時に変形します。

これが壊れると変形できない、またはエラーが発生しましたと言うメッセージが現れます。

家のは腰の部分が動作不慮になってまして、ロボ形態は起動するのですが・・・ビークルモードではエラー発生します。オオゥ・・・
これ中古店で800円で買ったんですよ~。はずれ引いちまったな。

よって今回はファイターモードだけで紹介する不完全レビュー。



DSCN3772.jpg

タイトル画面

決定ボタンを押すと進みゲームランクを選んで選択します。
最初は1~3まで選べクリアするごとに徐々にランクが上がり最大8レベルまで上がります。










DSCN3774.jpg

ゲーム画面

チュートリアル解説の後、ゲームを開始します。
ジャンルはシューティングゲーム(STG)

コントロールキーを動かしながら決定ボタンを押しグランバルカンで敵を攻撃し撃破してゆきます。
敵は基本的に色違いだけが現れ緑、赤、青の順に現れます。当然攻撃してきます。

撃て!避けろ!当たれ!るな!以上。

基本的に敵のアルゴリズムは一定で攻撃も2パターンのみ、一応半安地(安全地帯)もあります。

ただ、グラディオンの動き自体に慣性がありそのせいで避けづらい
その上本体が重い、ボタン配置が極めて厄介な位置にあるので遊びづらい。
ゲームもSTGとしても内容不足ですが、この時代ではこんなもんでしょうね。今ならどう化けるか・・・



DSCN3814.jpg

右腕を動かすと











DSCN3777.jpg

画面のグラディオンの体力ゲージの上にハパワーゲージがチャージされ












DSCN3775.jpg

MAXになった後に押せばグランブラスターを発射します。
チャージ時間は早く使い勝手は悪くありませんが、先に書いたとおり本体を動かす方がすごく面倒なので結果的使いづらい。一応軽めに動かしても反応はしますよ。





DSCN3802.jpg

せ~んろはつづく~よ♪

ちなみにビークルモードはレースゲームです。





以上、グラディオン ゲーム編でした。




ではまた
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヌエベ

Author:ヌエベ
FC2ブログへようこそ!
ガンプラ、TFが好きなおじさんに見えない子供っぽい大人です。
それ以外にも好きなおもちゃがありますけど。
後は古いゲームが好みです。

リンクに関してはフリーです。
http://ikaruga482.blog133.fc2.com/です。
なお最後の(/)の部分が:に文字化けしてるのでコピーする時は注意してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR