ダイノゾーン ドリルサウルス

今やってるゲームはC社製のギャルゲとT社のダライアスバーストです。
100円で出来るようになったのでここぞとばかりにインカムに貢献w

さて今回は変形物より
「ダイノゾーン ドリルサウルス」です。

DSCN6014.jpg

「蘇れ!骨のあるヤツ!」
ドリルサウルスはスピリットドロップの影響で復活したダイノアームズの1体で、ドリル攻撃を得意とする。恐竜、ロボット形態の他に、アームズモードと呼ばれる武器形態にも変形する。
所謂ダイノゾーン版トリプルチェンジャーですね。



声の担当者は田中伸幸さんです。



ダイノゾーンは1998年にバンダイより発売された製品です。
生物系からロボットに変形し全身のほとんどがメッキとクリアーパーツで構成されておりますが、この当時はTFビーストウォ-ズがブームしてた最中で、あからさまなパクリである。
OVAも販売されておりますが、その内容も全編CGアニメであり、キャスト陣の大半もTF出演経験のある声優であり、コミックボンボンに付属していたブックレットの漫画の作者もTF漫画でおなじみの津島直人さんなどなにからなにまでパク(ryです。
その結果はボロクソとなりメダルマスターと並ぶ黒歴史になったであろうと、所詮はただのパ(ryなので(核爆)
ですが後に、アメリカでDINOZAURSという名称で発売され、別シリーズである「ミスティック・ナイツ・オブ・ティル・ナ・ノーグ」用に開発していた玩具を同シリーズの玩具として発売し2000年に「DINOZAURS : THE SERIES」というタイトルのテレビアニメも放送されました。

こっちでは皮を食われただけなのに向こうでは骨の髄まで食べつくされたか・・・よかったのぉ



本品は1999年販売されました。
最後期のためか敵側のナイトウイングと合わせて出荷数が少なく、他に比べ定価以下にもならずプレ化(笑)してます。



DSCN6015.jpg

ダイノモード
モチーフはケントロサウルスです。
見ての通り白骨化した様な見た目に骨部がメッキとクリアーパーツで美しくもあります。

ただこのシリーズにしては珍しくメッキ部が少なく通常の成形色の方が多いのですが・・・


DSCN6016.jpg

後ろ




DSCN6019.jpg

可動はこんな感じですが頭部も動いてくれたらなぁ




DSCN6017.jpg DSCN6018.jpg

ギミック
赤い箇所を回すとシッポが回ります。


これが俺のドリルだぁ!!


では、プログレスチェンジ!

DSCN6020.jpg

変形
下部を回して腕部と脚部します。



DSCN6021.jpg

プログレスモード
スタイルはそれなりといった感じですが、左右非対称の肩が良いですねぇ。



DSCN6025.jpg

後ろ




DSCN6022.jpg


割とイケメンです。




DSCN6026.jpg

可動
頭部、腕部、脚部、腰部が動きます。
それなりの動きですが、右腕は干渉してあまり動かないです。



そしてアクション

DSCN6028.jpg






DSCN6027.jpg




以上

DSCN6030.jpg

アームズモード
名前の通りドリルになります。
見立てですが、シッポがそのまんまドリルと言うのが面白いですね。

ちなみにこれ「ディグドリル」と言う名称でどんな物でも突き通す破壊力を持つドリルとのこと


DSCN6031.jpg

装着方はグリップ式となっておりレバーを摘まむと開きます。




DSCN6032.jpg

家には他ダイノアームズがいないので適当な方に装着
これあまり大きくなければ、なんにでも装備させることができるのでものすごく拡張性が高いです。
ただし重量を支えらればの話しですが・・・



DSCN6033.jpg

こんな風にリモコンに付けてもOKw





DSCN6024.jpg

サイズ差
まあ、メタイグアナスとほぼ同じ




DSCN6029.jpg

以上、ドリルサウルスでした。

骨ボディにメッキとクリアーパーツ構成が大胆で面白いです。他と比べてややメッキが少なめですが、剥がれ気にしなくて済みます。
またこれまでにないアームズモードの拡張性の高さが素晴らしく、これだけでも非常にプリバリューが高いです。と言うかこれまでがプレイバリュー無さ過ぎとしか・・・
ただ品質があまりよろしくない。なんかきしむし、緩くなりやすいし

とりあずこのシリーズはこのダイノアームズ達が一番お勧めですね。今じゃ探すのが大変だけど



最後にランク付け

変形:    B
可動:    B+ 
ギミック:  A
不満:    C
総合:    B
お気に入り: A


ではまた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

当時はTFとかBWについてあまりよくわかってなかったものの、一目見た時から「パクリやないかい」とツッコミたくなったダイノゾーン・・・
これでも結構商品展開してましたよね~。
にしてもフルメッキ&クリアーパーツは強度的に心配です;

ロボモードは鼻と口が妙にリアルですねw
ドリル腕に武器変形はなかなか面白かったりしますね。
あえてジョイントじゃなくてクリップなのも面白いところです。

No title

こんなものもあったのですね。う~む、まんまビースト・・・。
プレイバリューは高いみたいですし、クリップ方式も面白そうなのに、パクリというだけで全てが台無しに・・・。

No title

みなさんコメントありがとうございます。

>カメオさん
このシリーズは全体的に耐久力に難ありみたいなんですよね~。だからあまり弄る気になれない

何気にロボ顔も良くできてるんですよね。やるねイケメン
武器に変形する所が実に面白い上にグリップ式と言う選択は実にナイスだと思います。

>KENさん
ダイノアームズはダイノゾーンでは数少ないプレイバリューの高い製品なんですよ。
他には敵ボスのギガノドラゴンと言う非常に面白変形してくれる奴がいます。

その台無し品も国外では台無し所じゃなくなったけど。
プロフィール

ヌエベ

Author:ヌエベ
FC2ブログへようこそ!
ガンプラ、TFが好きなおじさんに見えない子供っぽい大人です。
それ以外にも好きなおもちゃがありますけど。
後は古いゲームが好みです。

リンクに関してはフリーです。
http://ikaruga482.blog133.fc2.com/です。
なお最後の(/)の部分が:に文字化けしてるのでコピーする時は注意してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR