HGAW ガンダムXディバイダー

昨日サッカーキリンカップ2011で日本対ペルーが放送されてましたね。
結果は0対0の引き分けでしたけど

さて今回はガンプラより
HGAW ガンダムXディバイダーです。

DSCN5717.jpg

「炎のモビルスーツ乗り、ガロードラン参上!!」

ガンダムXディバイダーはフォートセバーンでベルティゴとの戦闘によりサテライトシステム・シールドバスターライフルを破壊された本岐を、キッド・サルサミルらフリーデンのメカニックチームが様々なジャンクパーツを用いて改修した機体です。新武装にディバイダーとビームマシンガンを装備し、バックパックはビームソードのホルダーを兼ねる追加スラスター2基と稼働時間延長用のエネルギーポッド2基をX状に配置しています。このエネルギーポッドは、1基につき12時間の作戦行動が可能とされます。総合火力はサテライトシステム装備型よりも大きく劣るものの、機動性強化や対MS戦に適切な火器の装備により運用の利便性は大幅に向上しています。フラッシュシステムはそのまま残されており、ローレライの海においてジャミル・ニートがLシステムに組み込まれたかつての上官ルチル・リリアントの助けを借りGビットを起動させました。
DXと同じく起動にはGコンが必要ですが、後にGコン無しでも起動出来るように改良されました。
パイロットはガロード・ラン、後にジャミル・ニートになります。

勇者シリーズのスタッフにより作られた勇者ガンダム事ガンダムXの主役機です。



機動新世紀ガンダムXは1996年に放送された作品でガンダムシリーズの一つです。全39話
「ガンダムを考えるガンダム」と述べており、「少年と少女が出会い、彼らと彼らを取り巻く人々がやがては世界を変えていく冒険譚」という物語上にガンダムという作品にまつわる事象がメタフィクション的に多々取り入れられていられております。

例:機動新世紀 = 1981年
  劇中の舞台が「A.W.(アフターウォー)15年」なのもそれから15年経っているということ。
  第7次宇宙戦争後 = 当作品はテレビシリーズ7作目。またこの戦争とは「ガンダムという現象」の象徴(メタファー)となったなど

また、エンディングと次回予告の映像を同時進行させたこと、その最後に登場する登場人物の言葉をサブタイトルに採っているのも特徴となっており第一話のサブタイトル「月は出ているか?」は同作品を紹介した様々な媒体で引用されています。
しかしあまりにも人気が無かった事やテレ朝騒動により時間帯移動され結果的に打ち切られた不遇な作品となりました。
ちなみに私の好きなガンダムシリーズの中では上位に入ってます。

なおDVD-BOX化のタイアップ企画として、本編終了後の9年後のアフターストーリー『機動新世紀ガンダムX〜UNDER THE MOONLIGHT〜』がガンダムエース誌上で連載されました(誰得作ですが)



本品は2010年に販売されました。
HGUC以外のシリーズとして新たにHGAWのカテゴリーで最初に販売されたガンダムXのリデコ品です。



DSCN5691.jpg

と言うわけでガンダムXディバイダーです。
かっこいいえすねぇ。目を惹くサテライトキャノンが無くなりましたが、このデザインも好きですよ!!
元の設定に比べるとちと足が長めの様ですが・・・プロポーションも良く、再現度も高いです。
また成型色がXに比べやや暗めとなってます。

今回は部分塗装をしております。
使用したのはラッカーのネービーブルー、ブラックを混ぜて体や武器の一部等を塗り、シャインレッド、ブラウンを混ぜてディバイダーの赤い個所を塗り、ニュートラルグレーでバーニア等を塗り、パープル、ブルー、ホワイト、ブラック(極小量)を混ぜ肩の部分を塗りました。

エナメルはジャーマングレイとオリーブラブを混ぜたMAX渡辺流で各ラインにスミ入れをして最後にスーパークリアーつや消しを吹きました。

ちなみに私筆塗りの時はエアブラシ用の薄め液を使用してます。これもっぱらエアブラシの為に使うのですが、普通に筆塗りでも使用できます。
乾きが遅くなりますがムラの減少に役立ちます。でも自動的に光沢になっちゃうんでつや消ししても半ツヤになるけど。


DSCN5692.jpg

リアビュー





DSCN5693.jpg


かっこいいのぉ
この顔も平成シリーズでは上位のお気に顔です。

眼はラッカーのシルバーを下地にエナメルのクリアーグリーンで上塗りしました。
周りの方はエナメルのフラットブラックで普通に塗装

ちなみに胸部のマイクロウェーブ受信機内もシルバーで塗装しスーパークリアー光沢を吹きましたが・・・あまりやる意味なかったかも(笑)

武装の一つブレストバルカンは左右にニ基づつ搭載されております。


DSCN5695.jpg

可動
頭、腕、腰、脚が動きます。
やはりダブルオーシリーズの様に超絶可動はしませんが、それでも腕部の引き出し、腹部のニ重構等良く動いてくれますが、立て膝は無理でした。


DSCN5696.jpg

バーニアが可動します。




DSCN5698.jpg

武器2
大型ビームソード
Xと形状は変わりませんがディバイダーでは予備としてもう1基が装備されており二刀流も可能



DSCN5707.jpg

武器3
ビームマシンガン

旧連邦の戦艦に搭載されていた2連装メガ粒子砲を手持ちの上下二連銃身の手持ちライフルとして再設計した物で単射モードと、連射モードが可能。

見えませんが、センサーも塗装しておりラッカーのシルバーを下地にエナメルのクリアーグリーンで塗りました。


DSCN5710.jpg

武器4
ディバイダー
サテライトキャノンに変わる主力武装で通称「ハモニカ砲」
分割開閉式のシールドに、旧革命軍の戦闘車輌に搭載されていた対MS用19連装ビーム砲、MA(モビルアーマー)用の大型スラスターなどのジャンクパーツを組み合わせて製作された。盾としての用途のほか、両端のスラスターを利用した推進補助システムとしても機能します。

手持ち武装としてなら他の機体でも使用が可能で劇中ではDXが使用しておりました。


こちらは平常時のシールドモ-ドです。


DSCN5713.jpg

発射形態は差し替え式で再現されます。
表面の装甲が縦に2分割され砲口を展開します。普段はバックパックとの接続部を兼ねた中心の大型ビーム砲口を除いた砲口からビームを発射しますが中央部砲口も含めた全ビーム砲口でビームの収束や拡散放射など、用途に合わせて撃ち分けが可能です。

ここは下地にサーフェイサーホワイトを吹き砲等部をニュートラルグレーで塗りました。
砲等部は筆塗りしたんで苦労しましたよ。でもマスキングが面倒になるけどスプレー使えばよかったと後で思った。


DSCN5699.jpg

こちらはホバーリングモード
バックパックに接続することで高機動・長時間巡航時に使用します。

ちなみにディバイダーとは製図具の名前であり、「分ける」「仕切り」といった意味です。


DSCN5703.jpg

武器5
ハイパーバズーカ

魚雷装填型に改造した水中用火器でドートレスと言う量産機の物です。

海上戦のみで使われたレア武器の一つです。
Xのショルダーバルカンと言い面白いのぅ

ちなみにこの海上戦ではあのシーンがなにげに思い出に(自重)

DSCN5704.jpg

平手が付属するので支えるポーズも取れます。
片手だけだとバックパックに干渉するので両手持ち前提かも。

ちなみもう一つの武器にX-グレネーダーと言うのもありますが、劇中未使用なうえ旧キットの1/100ガンダムXディバイダーのみ付属されておりました。


DSCN4437.jpg

こちらはパチ組み状態です。
すっぴん時でも色分けが再現されており、後はシールを貼るだけでほぼ完成となります。


では、アクション

DSCN5711.jpg





DSCN5702.jpg






DSCN5705.jpg






DSCN5719.jpg





DSCN5714.jpg

ハモニカ砲をくらぇー!!


シ・メール

DSCN5694.jpg

HGUCスタークジェガン(UC)と比較

Xは全長17.1mとファーストガンダムと同じくらいですが、小柄です。
ジェガンと比べるとボリュームの違いが結構な物


DSCN5716.jpg

以上、ガンダムXディバイダーでした。
AWシリーズもUCシリーズに負けないくらいのデキですね。
武器やパーツの色分けもうまいしスミ入れするだけでも上々になります。でもディバイダー内は塗った方がいいかもね
マシンガンが右手のみと言うのがほんの少しの残念だったりするけど・・・
ともかく今後のAWシリーズにも期待!!

今回はジェガンと違いオーソドックスに部分塗装とエナメルスミ入れしましたが、汚いです。今回はそこまで近づけてないから良いけど
スミ入れも取り過ぎて直しをしてません。だった割れが怖いんだもん。
まあ、まだまだ修行中と言う事です(どちらかと言うと手抜きかも)



最後にランク

変形:    D
可動:    A 
武装:    A+
不満:    D
総合:    A
お気に入り: S



それではまた。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

GXの敵じゃないぜぇ!

 個人的にトップクラスに好きなGXの、その中でもトップクラスに好きなディバイダーが!
 個人的に武器は可動指で持たせたい派なので1/144はあまり手を出していないのですが、かっこいいですね。
 MG化してほしい機体なんですが、Wの仕様を考えるとこっちも指差し換え式になりそうで痛し痒し……

 GX放映当時はアシュタロン・ハーミットクラブがキット化されずに終わったので、そう言うところも補完してほしいですね。

Xディバイダーレス

>lchiさんコメントありがとうございます。

でも実を言うとダブルエックスが一番好きだったりします。いや、別にディバイダーが嫌いと言うわけではなく(汗)
私もぜひMG化してほしいと願ってます。でも現実はX?何それおしいのwと言われそう(T T)

当時は兄さんの強化型のみ販売されてましたねぇ。
なぜ弟を無視したバンダイ!!

ペケ(X)ガンダム

こんにちは。

俺もサッカーを見てましたけど、回りがかなり怒ってて怖かった(マジで)

ガンダムXですか、ロボ大戦でそこそこ見かけますけど原作はまったく知りません。しかも打ち切られたのか。
ディバイダーも良いですね。Xみたいにでかくて目を惹く物はないけど安定感がありますよね。

あっ!この前話したC社のゲームもう半分くらい終わりましたが・・・俺も赤い方に乗り換えそう

レス2

>ヤズカさんコメントありがとうございます。

まあ打ち切られたのは仕方ないでしょうね。みんなWかGを好んでるし(恐らく)
安定感は確かにありますね。Xは微妙に安定感がないと言うか

私はまだ一人も終えてないです。
プロフィール

ヌエベ

Author:ヌエベ
FC2ブログへようこそ!
ガンプラ、TFが好きなおじさんに見えない子供っぽい大人です。
それ以外にも好きなおもちゃがありますけど。
後は古いゲームが好みです。

リンクに関してはフリーです。
http://ikaruga482.blog133.fc2.com/です。
なお最後の(/)の部分が:に文字化けしてるのでコピーする時は注意してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR